金融機関

資産形成は「自動化+資金隔離」がカギ!長期投資におすすめのMy金融システムとは

投資を自動化する仕組み作り 金融機関

アセットアロケーションドルコスト平均法など、世の中にはさまざまな投資手法や優れた金融商品が存在します。

ただ、確立された理論や優秀な金融商品があったとしても、それだけではお金は増えません。

安定的に継続してお金を増やすためには、あなたが無理なく投資できる環境の準備が大切です。

そこで今回は、資産形成に「自動化+資金かく離」が大切な理由と、長期投資に欠かせない仕組み「My金融システム」について解説します。

人間は投資を継続できない生き物

これから投資を始める方がよく勘違いすることに、投資は始めるよりも続けるほうが難しい事実があります。

何も準備せずに投資をスタートすると、継続ができずに運用に失敗してしまうのです。

では、なぜ継続が難しいのでしょうか。人間の特徴をふまえつつ説明していきます。

人間は実益のあるものの習慣化が苦手

マネーセンスカレッジの全世界投資では、毎月1回複数の金融商品の購入を推奨しています。

購入作業をすべて手動で行う場合、毎月入金をしたり、商品を選択したりしなければなりません。

「月1回の入金や手続きくらい習慣化できるのでは?」と考える方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、自分で計画して管理・実行するのが得意な方は問題ありません。

ただ、人間は実益のあるものを習慣化できない生き物だということを忘れてはいけません。

たとえば、ダイエットをイメージしてみてください。

器具やサプリを買って準備万端で始めたはいいけれど、目標に到達できず途中で挫折した経験はありませんか?

たとえ数ヶ月継続できても、少しサボってしまうとそこからやめてしまう。食事の改善やトレーニングをしたら痩せる(実益がある)と分かっていても、なかなか続けられないですよね。

このように、続ければ自分の利益になると分かっているものほど人間は習慣化できないのです。

感情に左右されない投資環境が重要

投資も同様で、運用をしたら資産が増えていく(実益がある)と分かっていても、毎月の入金や購入作業などを習慣にするのは非常に難しいです。

1度買い忘れたり、購入手続きをめんどくさいと感じたりすると、その後の作業がなんだか嫌になってしまいます。

投資は、一生続けるつもりで運用することが前提です。それだけ長い期間手動で購入し続けるのは、おそらくほとんどの方が挫折するでしょう。

人間の特徴として習慣化が難しいのであれば、あなたの感情意思に左右されずに投資できる環境を作ったら問題は解決しますね。

あなたがほとんど関与せずとも、勝手に入金されて自動的に金融商品を購入する。さらに売却した際には、気軽に使えない口座へ利益を移管する。

このような自動的に投資できる仕組みが「My金融システム」であり、投資を継続させるために必要な環境です。

長期投資に欠かせない「My金融システム」の仕組み

My金融システムを構築する際に重要なポイントは、主に2つあります。

  1. 口座を物理的に分ける(資金のかく離)
  2. 投資を自動的にする(自動化)

上記の「自動化」と「かく離」を仕組み化することで、あなたの意思に左右されずに投資できる環境が整います。

では、自動化と資金のかく離が大切な2つの理由を解説します。

1,生活資金と投資資金を物理的に分ける

1つめのポイントは、生活に使うお金(生活資金)と投資に使うお金(投資資金)かく離する仕組みです。

経験があるかもしれませんが、貯金が増えてくるとつい何か買いたくなったり、お金を引き出したりしたことはありませんか?

老後資金や教育資金などの目的があって貯めたお金だったとしても「少しくらいなら……」と欲に負けて使ってしまいます。

それほど、人間は欲深い生き物です。

貯金で増えたお金を使ってしまうのであれば、投資で増えたお金もいつのまにか使う可能性がありますよね。

そのため、生活資金と投資資金を別々に管理して、無闇に使わないように切り離すことが必要です。

利益が出ていても簡単に引き出せない環境を物理的に作ることで、お金を無駄に減らすことなく安定的に資産を増やせます。

自動化する理由の解説

2,投資を自動的にできる環境

2つめのポイントは、投資を自動的に行う仕組みの構築です。

要するに、毎月の入金作業や金融商品の購入、資金のかく離を自動的に行いましょう。

前述したように、人間は習慣化が苦手な生き物。

さらに、投資を始めたばかりの方は価格の上下動に一喜一憂する場合があります。

金融商品の値段はあなたが想定している以上に増えたり、減ったりします。

価格が上がっているときは、資産が増えて嬉しいため投資は続けやすいです。

しかし、価格が下がったときは気持ちが落ち込み不安になり、運用をやめてしまう可能性があります。

つまり、習慣化が苦手で感情にも影響されやすい私たちは、機械的に投資できる環境を整える必要もあります。

そこで「生活資金口座から投資資金口座へ、自動でお金が引き出されて金融商品が購入できる仕組み」があると、ほとんど手をかけることなく安全に安定的な運用ができる環境が整います。

長期投資の自動化方法

ただし「自動化=丸投げ」ではないので注意しておきましょう。

高い手数料を取られるロボットアドバイザーや怪しい自動売買システムなどの丸投げできるサービスを使うと、何を購入しているのかわからなくなり投資家として成長ができません。

自分自身で自動化の設定を行い、トラブルにも対応できるようになることが大切です。

My金融システムで使用する3つの口座

ここまでMy金融システムの仕組みについて解説しました。

実際にMy金融システムを構築するためには、以下の3つの口座が重要です。

  • 投資資金口座(証券口座)
  • 投資資金保管用口座
  • 生活資金口座

それぞれの口座を開設して引き落とし銀行口座を決めれば、My金融システム構築の下準備が完了します。

投資資金口座(証券口座)

1つめは、投資資金を入れるための投資資金口座(証券口座)」が必要です。

投資資金口座は、金融商品を購入する証券会社で開設するのがおすすめ。銀行や信用金庫などの金融機関は、購入できる商品が少ないため幅広い投資が難しいです。

証券会社で開設できる投資資金口座のうち、大きく分けると以下の3つを利用します。

上記3つのなかで、「特定口座」と「NISA口座」は同時に開設して、先に利用するとお得で便利です。

NISA口座の非課税期間満了後は、運用していた資金を課税口座(特定口座や一般口座)へ移動させることができます。

その際に、各種税金の計算をしてくれる特定口座(源泉徴収あり)は非常に便利です。

したがって、NISA口座と同時に特定口座も開いておくとスムージに移管ができます。

口座を使う順番は「特定口座とNISA口座とiDeCo口座を使う順番」の記事でよりわかりやすく説明しているので、ぜひご参照ください。

投資資金保管用口座

運用した利益や暴落時に引き上げた資金を一時的に保管するために「投資資金保管用口座」も必要です。

あなたの資産を奪う最大の敵は自分自身。

利益確定したお金や一時的に現金化したお金が生活費と同じ口座に入ってしまうと、欲に負けて使ってしまう可能性があります。

そこで、資金を一時的に保管するための口座を用意しておきましょう。

投資資金保管用口座は、投資資金口座を開設する証券会社提携している銀行で開くのがおすすめです。

一時的に引き上げた資金や売却した利益の出金、追加購入したいときの入金などは、手動で行う必要があります。

ただし、「スイープサービス」と呼ばれる機能を使うと入出金を自動化できます。資金のかく離や追加投資のような入出金の作業が簡単になるのです。

たとえば、各証券会社は以下のようなスイープサービスを利用できる銀行と提携しているので、ぜひチェックしてくださいね。

生活資金口座

最後に必要なのが、生活費や給与が振り込まれる生活資金口座」です。生活資金口座は、生活費を保管するための口座ですので、すでに持っているのではないでしょうか。

生活資金口座に関しては、推奨の金融機関はとくにありません。自分が使いやすいと感じる、もしくは現在使っている銀行で問題ないでしょう。

投資の自動化に大切な2つの設定

My金融システムを作るためには、前述した3つの口座の連携が大切です。設定できれば、あなたがほとんど関与せずに投資を続けられる環境が整います。

では、My金融システムを構築するために大切な2つの設定を紹介します。

1.銀行引き落としサービスの設定

My金融システムでは「生活資金口座から投資資金口座(証券口座)」へ自動的に投資資金を引き落とす設定を行います。

そのため、各証券会社で展開されている「自動引き落としサービス」を利用しましょう。

SBI証券や楽天証券では、手数料無料で銀行口座から証券口座への引き落としができるのでおすすめです。

詳しい設定方法は各証券会社のHPでより詳しく説明してあるので、そちらをご参照ください。

2.積立投資の設定

銀行引き落としサービスの設定ができたら、引き落とされたお金で積立投資を行うための設定をしていきます。

積立投資の設定ができると、決まった日に一定額のファンド(金融商品)を自動購入が可能です。

設定時には、毎月の積立金額積み立てる頻度を決めておきましょう。

たとえば全世界投資では、複数の金融商品を購入するため最低でも毎月2,000円が必要です。

また、積立投資を行う際はドルコスト平均法を採用しており、積み立てる頻度は1ヶ月に1回をおすすめしています。

したがって、マネーセンスカレッジの全世界投資を行う場合は以下のような設定になります。

  • 毎月の積立金額:最低2,000円〜
  • 積み立てる頻度:毎月(SBI証券なら1日もしくは16日に設定可能)

毎月の積立金額や頻度は、投資の目的や投資戦略、家計の状態によって変わります。

正解はないので、あなたに合った設定をしてくださいね。

自動化の仕組みを作って長期投資を行うための下準備をしよう!

今回は「自動化+かく」を行う理由と「My金融システム」について解説しました。

My金融システムは、投資を始める前に構築しておくべき仕組み。My金融システムのような投資環境を整えておかなければ、10年や20年以上といった長い期間投資を続けるのは難しいでしょう。

具体的な構築手順や必要な手続きに関しては、会員制サイト内でより詳しく説明しています。

自分で仕組みを作るのが難しいと感じる方は、ぜひチーム7%への入会を検討してみてはいかがでしょうか。

次のステップ:全世界投資におすすめの金融機関

関連コンテンツ
無料講座:チーム7%プレ講座
無料講座:チーム7%プレ講座

会員制プログラム「チーム7%」の無料プレ講座になります。

  • 投資をはじめたいけど何からしたらいいか分からない
  • なるべく安定・安心・安全に運用していきたい
  • チーム7%が気になっているけれども一歩踏み出せない

もしこう思っているなら、この無料講座はまさにあなたのためのものです。

このプレ講座では

  • はじめて投資をする人がとるべき3つの投資戦略
  • 投資を成功させるために必要な2つのシステム
  • 元本割れが怖い?投資におけるリスクとリターンの正しい考え方

などをお話ししています。

投資をはじめるなら、このプレ講座で紹介している「3つの戦略」と「2つのシステム」は必ず手に入れておいてください。

ファイナンシャルプラン、資産運用講座ならマネーセンスカレッジ
タイトルとURLをコピーしました