よくある質問

会員制プログラムについて

MoneySenseCollegeでは、講座やセミナーを単に受講していただくだけではなく、受講者に結果を出だしていただくことをサポートするために会員制をとっているものがあります。それらのことを会員制プログラムと呼んでいます。

会員には無制限のメールサポートはもちろん、各種動画講座のダウンロード、Web上で使える管理ソフト、サポートセッションなど会員制プログラムによって様々なサポートをご提供しています。

3つの考え方の「ファイナンシャルプラン」「投資」「トレード(投機)」のうち、「投資」には会員制プログラム「チーム7%」、「トレード(投機)」には会員制プログラム「Tradist」を開設しています。
なお、「ファイナンシャルプラン」については、受講者の多様性によるところが多いため、有料ワークショップセミナーや、数多くの無料講座、無料セミナーで学べるように提供しています。

詳しい内容は会員制プログラムの詳細をご覧ください。

プレ講座では本講座に当たります会員制プログラムのすべての内容をダイジェスト版でお話しています。すでに投資経験やトレード経験が有る方プレ講座を受けただけで成績が向上したといった感想をいただくことも多い、中身の濃い内容となっています。

プレ講座は会員制プログラムをご検討されている方向けに行っている講座です。事前に受講いただくことで、「自分には合わない」「思っていたものと違う」といったことがなく安心してご受講いただけます。

  • 会員制プログラム「チーム7%」をご検討されている方・・・・プレ講座「はじめての投資生活講座」
  • 会員制プログラム「Tradist」をご検討されている方・・・・プレ講座「はじめてのトレーダー講座」

のご受講をおすすめしています。

プレ講座はそれ自体に価値のある内容の講座のため、有料講座ではありますが、会員制プログラムにご参加いただく際に、会員制プログラム正規料金からプレ講座受講料相当分の割引を受けることができますので会員制プログラムに参加いただければ経済的負担はゼロとなります。

詳しい内容は、各プレ講座、各会員制プログラムの詳細をご覧ください。

会員制プログラムにご興味いただきありがとうございます。

まずは、どのような内容かを確認していただくためにも、

  • 会員制プログラム「チーム7%」をご検討されている方・・・・プレ講座「はじめての投資生活講座」
  • 会員制プログラム「Tradist」をご検討されている方・・・・プレ講座「はじめてのトレーダー講座」

のご受講をおすすめしています。

プレ講座では本講座に当たります会員制プログラムのすべての内容をダイジェスト版でお話しています。すでに投資経験やトレード経験が有る方プレ講座を受けただけで成績が向上したといった感想をいただくことも多い中身の濃い内容となっています。

事前に受講いただくことで、「自分には合わない」「思っていたものと違う」といったことがなく安心してご受講いただけます。

プレ講座はそれ自体に価値のある内容の講座のため、有料講座ではありますが、会員制プログラムにご参加いただく際に、会員制プログラム正規料金からプレ講座受講料相当分の割引を受けることができますので会員制プログラムに参加いただければ経済的負担はゼロとなります。

詳しい内容は、各プレ講座、各会員制プログラムの詳細をご覧ください。

再受講は大歓迎です。

再受講の方のための申し込みフォームは用意しておりませんので、フォームよりお申し出ください。追ってお手続きの内容をお知らせいたします。

なお、継続されている受講者との整合性の観点から、再受講料(システム設定料)をご請求させていただきます。
再受講料の金額など、詳しい内容は各会員制プログラムの詳細をご確認ください。

現在、会員制プログラムの弊社会員サイトシステムとPayPalシステムの連動の関係で、メールアドレスの変更にお手続きを要しております。
会員サイトシステムを新システムに移行するまでの間、別途ご案内をしております。
お手数をお掛けしますが、会員サイトのフォームよりお問い合わせください。

お支払いについて

お支払い方法には

  • PayPal決済(クレジットカード決済)

をご利用いただけます。PayPal決済での取り扱いカードブランドには、VISA、Master Card、AMERICAN EXPRESS、JCBがあります。

クレジットカード会社のリボ払いなどを利用した分割支払いのご利用が可能です。

ただし、お客様とクレジットカード会社とのご契約内容によっては分割払いをご利用いただけない場合がございます。ご契約内容を事前にご確認のうえ、ご利用をお願いいたします。

弊社では決済システムにPayPalを使用しております。

カード表面にVisa, MasterCard, American Express, JCBの4種類どれかが入ったデビットカードをご利用いただけます。

ご利用いただけます。

弊社では決済システムにPayPalを使用しております。カード表面にVisa, MasterCard, American Express, JCBの4種類どれかが入ったクレジットカードをご利用いただけます。

原則として銀行振り込みは承っておりません。ご了承ください。

原則として領収書の発行は承っておりません。

クレジットカード決済の場合

クレジットカード会社からの「ご利用明細書」が税法上も正式な領収書として認められておりますので、そちらをご利用ください。

銀行振込の場合(通常不可。特別に対応した場合に限ります)

お振り込みいただいた銀行の「振込み控え」が税務上も正式の領収書として認められておりますので、そちらをご利用ください。

法人名義(屋号含む)の領収書発行をご希望の場合は、法人のクレジットカードによるPayPal決済のご利用をご検討ください。

もし不可能である場合は、銀行振込によるお支払いで対応いたします。銀行振込控えは税法上、領収書として正式に認められています。なお、振込名義人は法人名でお願いします。

法人名義の領収書が必要な方で銀行振込をご希望の方はお問い合わせください。

弊社では領収書の再発行は一切承っておりません。

領収書(領収書に代わるクレジットカードご利用明細書、振込み控えなど)を紛失されたとしても再発行はできませんので、領収書はお客様ご自身で大切に保管してください。

原則として領収書の発行は承っておりません。

また、領収書の発行日はお支払い確定日ですので変更することはできません。予めご了承ください。

PayPalアカウントにログイン後、右上の歯車アイコン「個人設定」→「事前承認支払い」からご確認いただけます。
該当する「購読」※をクリックした後に表示される画面で次回請求日が表示されています。

※PayPalでは定期支払いサービスのことを「購読」と呼んでいます。

PayPalについて

単体の有料セミナー・有料講座の場合には、必ずしもPayPalアカウントは必要ありません。

次回購入時に手続きが簡単になるためアカウントの作成をお奨めいたします。

会員制プログラムの場合には、定期支払いに対応するため、必ずPayPalアカウントの作成が必要です。

日本語表記での登録をおすすめします。

インターネット上ではPayPalアカウント作成について解説されているページには、英語表記で作ることを推奨されているところがありますが、英語表記での作成はおすすめできません。

理由としては、本人確認法に基づく本人確認書類の提出があるためです。
PayPalアカウントを新規作成すると個人の方であればパーソナルアカウントになります。パーソナルアカウントでは10万円以上のお支払いには対応していないことや、各種登録情報の変更に本人確認書類の提出が必要となることがあります。本人確認書類の種類は、数種類用意されていますが、多くの場合に利用される運転免許証は日本語で書かれているため、PayPalアカウント上も日本語表記に変更する必要があります。

日本語表記に変更するには電話での変更が必要なりますので、無用な手間がかかってしまいます。

PayPalアカウントにログイン後、右上の歯車アイコン「個人設定」→「事前承認支払い」からご確認いただけます。
該当する「購読」※をクリックした後に表示される画面で次回請求日が表示されています。

※PayPalでは定期支払いサービスのことを「購読」と呼んでいます。

PayPalに登録してあるクレジットカードの有効期限が延長された場合には、PayPal上でカード情報の更新が必要です。

以下のように更新してください。

  1. PayPalにログインします。
    paypal-01

  2. マイページ→「カードおよび銀行口座」をクリックします。
    paypal-02

  3. 有効期限を変更したいクレジットカードを選択します。
    paypal-03

  4. 「カードの詳細情報」→「編集」をクリックします。
    paypal-04

  5. 有効期限を更新して「保存」をクリックします。
    paypal-05

PayPalにて以下のお手続きが必要です。

  1. 新しいクレジットカード情報を登録
  2. 定期支払いのクレジットカードを新しいクレジットカードに変更
  3. いままでのクレジットカード情報を削除(任意)

【重要】
2.のクレジットカード変更をしないまま、3.のいままでのクレジットカード情報を削除してしまうと定期支払い契約自体が解約となってしまいます。
再度、会員制プログラムのお手続きをしていただかなければなりませんので、くれぐれも削除は定期支払いのクレジットカードを変更してから削除してください。

新しいクレジットカード情報を登録
  1. PayPalにログインします。
    paypal-01

  2. マイページ→「カードおよび銀行口座」をクリックします。
    paypal-02

  3. 「カードの登録」を選択します。
    paypal-06

  4. 新しいクレジットカード情報を入力します。
    paypal-07

定期支払いのクレジットカードを新しいクレジットカードに変更
  1. 画面右上の歯車アイコンをクリックして「アカウント設定」を表示します。
    paypal-09

  2. 「支払い」タブの「事前承認支払い」をクリックします。
    paypal-10

  3. マーチャント名から「合同会社MoneySense」を選択します。
    paypal-11

  4. 下部にある支払い方法の「予備支払方法」の「変更」をクリックします。
    paypal-12

  5. 新しいカードを選択して、「保存」をクリックします。
    paypal-13

いままでのクレジットカード情報を削除(任意)
  1. マイページ→「カードおよび銀行口座」をクリックします。
    paypal-02

  2. いままでのクレジットカードを選択します。

  3. 「カードを削除」をクリックします。
    paypal-08

解約・キャンセルについて

受講料をお支払い頂く前であれば、いつでもキャンセルが可能です。

フォームよりお申し込みをキャンセルされる旨お知らせください。

受講料をお支払いいただいた後は、どのような理由があってもキャンセル・返金には応じられません。あらかじめご了承ください。

会員制プログラムは、契約期間中いつでも解約することができます。
フォームより「(会員制プログラム名)解約希望」の旨お知らせください。迅速に対応させていただきます。

なお、解約のお申し出は、次回ご請求の5営業日前までにお知らせください。5営業日前を過ぎますと決済会社との連絡の都合上、次回ご請求までに解約できず、翌月の解約となることがあります。ご注意ください。

また、PayPal上で購読解除されただけでは会員制プログラムの解約とはなりませんのでご注意ください。解約のお申し出がない間はなお受講料をご請求することもありますのでご面倒でもフォームよりお知らせください。

中途解約をされましても会員期間内は会員制プログラムをご利用いただけます。

なお、中途解約による返金は一切受け付けておりません。

解約のお申し出は、次回ご請求の5営業日前までにお知らせください。5営業日前を過ぎますと決済会社との連絡の都合上、次回ご請求までに解約できず、翌月の解約となることがあります。ご注意ください。

また、PayPal上で購読解除されただけでは会員制プログラムの解約とはなりませんのでご注意ください。解約のお申し出がない間はなお受講料をご請求することもありますのでご面倒でもフォームよりお知らせください。

中途解約をされましても会員期間内は会員制プログラムをご利用いただけます。

なお、中途解約による返金は一切受け付けておりません。

サイトについて

動画が再生できない場合には以下の項目をご確認ください。

  1. ブラウザが対応しているか確認する
    現在のブラウザで再生される動画は「HTML5」という規格で再生されるようになっています。ブラウザや PC、OSそのものが古い場合は動画を再生できない場合があります。
    「HTML5動画が再生可能なブラウザ」にはIE11、Google Chrome、Firefox、Opera、Safari、Edge などがあります。当サイトではGoogle Chromeを推奨しております。
  2. 正常にインターネットに接続されているか確認する
    1. 他のWebページは表示できるか確認する
    2. 他の動画サイトで動画が再生できるか確認する
    3. インターネットの回線速度に異変がないか確認する
      →回線速度チェックサイト「speedtest」などをご利用ください。
      快適に動画を再生するには下り10Mbps、最低でも下り1Mbps程度は必要です。ブロードバンド接続(LTE含む)されていて下り500kbps以下の場合はインターネット回線接続に何らかの問題が発生していると思われます。
    4. 回線契約(特にモバイル回線)により速度制限や容量制限がかかっているか確認する
    5. Wifi接続の場合には他の無線通信機器でインターネットに接続できるか確認する
  3. ブラウザのキャッシュをクリアしてみる
    キャッシュのクリア方法は各ブラウザのヘルプや解説サイトをご覧ください。
  4. 再起動してみる
    多くの場合、再起動で改善する場合が多いです。
  5. ブラウザや視聴ソフトをアップデートしてみる
    とくにスマートフォン端末でご覧になっている場合にはアプリのアップデートがされていない場合、再生できないことがあります。
  6. ブラウザの「GPUレンダリング支援」を無効にしてみる
    特にIEには有効な場合が多いです。
    IE11の[ツール]→[インターネットオプション]→[詳細設定タブ]を開き、[GPUレンダリングでなく、ソフトウェアレンダリングを使用する]にチェックを入れ、[OK]をクリックします
  7. ブラウザ以外の動画・音楽再生ソフトを同時起動しない
  8. ブラウザの拡張機能(アドオン、プラグインなどの別の呼び方もあります)を無効にしてみる
  9. セキュリティソフトを一旦無効にしてみる

上記を試しても改善しない場合は、推奨ブラウザのGoogle Chromeをインストールしてみてください。すでにChromeをご利用の場合にはChromeの設定をリセットすることで表示できることがあります。

  1. 画面右上ボタンをクリックし、[設定]を選択します。
  2. 次に画面一番下の[詳細設定を表示]を選択します。
  3. 「ブラウザの設定をリセットする」 は、画面の一番下にあります。
  4. 確認ダイアログが表示されます。
  5. 「リセット」をクリックします。

タブ、ホームページボタン、検索エンジンの設定は初期化されます。
拡張機能は全て無効化され、キャッシュデータ、Cookie、サイトデータなどが無効化されます。
ブックマークやブラウザに保存したパスワードなどは消去されません。

上記をしてもなお表示されない場合には、当サイトや動画共有サイトの問題ではなく、お使いの端末に何らかの問題が発生している可能性があります。製造元にお問い合わせください。

無料講座・無料セミナー・ニュースレターの無料動画につきましては、原則としてストリーミング形式にて配信しています。そのため、パソコン・その他機器への保存はできません。ご了承ください。

弊社が許可していない動画、ファイルなどを違法にダウンロードする行為は著作権法により罰せられることがあります。ご注意ください。

なお、会員制プログラム内の講座の動画等につきましては、受講者個人での利用に限るなどの使用許諾契約に基づいてダウンロードできるものもあります。会員制プログラム内のご案内をご覧ください。

下記設定を行ってください。

ページに合わせてエンコードを「自動検出」もしくは「Unicode(UTF-8)」に変更してください。

■Internet Explorerの場合
メニューバーの[表示]→[エンコード]

■Chromeの場合
Chromeの[設定]→[ツール]→[エンコード]

■Mozilla Firefoxの場合
メニューバーの[表示]→[文字エンコーディング]

URLはブラウザのアドレスバーに入力していただくと正しく表示されます。

また、URLが変更されている場合にこのように表示されることがあります。検索エンジンなどからの遷移で表示される場合には、サイトトップから移動することで表示されることがあります。お試しください。

最新の注意を払っておりますが、上記によっても同様の表示がされる場合にはリンクが切れている場合もございます。
お手数ではありますが、フォームよりリンク切れについてご報告いただけると幸いです。迅速に対応させていただきます。

ダウンロードされたファイルは圧縮されている場合があります。ダウンロード先のファイル末尾に「zip」の拡張子が付いている場合は、別途、解凍作業を行なっていただく必要があります。

OSがWindowsの場合には、圧縮ファイルをダブルクリックすると、エクスプローラーに「ファイルをすべて展開」という表示があります。そちらをクリックすることで解凍することができます。

OSがMacの場合には、ダブルクリックするとOSの機能で解凍されます。

上記でも解凍されない場合には、OSの販売元にお問い合わせいただくか、解凍ソフトをインストールしていただくことで解凍できるようになります。
各種解凍ソフトをダウンロード・インストールしてから解凍作業を行ってください。

【Windowsをお使いの方】 Lhaplus
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/lhaplus/

【Macをお使いの方】 StuffIt Expander
http://stuffit-expander.softonic.jp/mac

なおソフトをインストールされたことによる不具合などの損害については一切責任は取れませんのでご了承ください。

※拡張子についてご不明な場合は、下記のページもご参照くださいませ。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/978449

拡張子「pdf」となっているPDF形式で保存されているファイルを開くには、Adobe Readerというソフトが必要です。
Adobe Readerは無料配布されておりますので、下記URLよりダウンロードしパソコンにインストールしてからご利用ください。

「Adobe Reader」
https://get.adobe.com/jp/reader/

次のような原因が考えられます。

  1. Excelがインストールされていない
    Excelファイルを表示させるにはExcelが必要です。インストールされているかご確認ください。
  2. ファイルの関連付けの設定がおかしい
    開きたいExcelファイルのアイコンがExcelになっていない場合、ファイルの関連付けが外れている可能性があります。

    1. ファイル上にマウスポインタを置き、右クリックメニュー「プログラムから開く」→リストにある「Excel」を選択します。
    2. リストにExcelがない場合、または、リストが表示されない場合には、「規定のプログラムで開く」または「プログラムから開く」を選択して、「Excel」を選択して「OK」をクリックします。
    3. 「Excel」が表示されない場合は、「参照」をクリックして「C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16」※にあるExcel.exeをクリックしてから「開く」をクリック、「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。
      ※\マーク(「¥マーク」)までのフォルダ名を上記の左から右に探してダブルクリックしていきます。環境により、「root」がなかったり、「Office16」の数字が違うものになっていることがありますが、問題ありませんのでご自身の環境に読み替えてください。
  3. お使いのExcelのバージョンが古い
    Excel2003以前のバージョンでは「xlsx」「xlsm」のファイルは開くことができません。すでにMicrosoft社のサポート期間が終了しておりますので、Excel2007以降で開いてください。
  4. 全角ダブルクォーテーション「”」がファイル名に含まれている
    MoneySenseCollegeで配布しているファイルには全角ダブルクォーテーション「”」は含まれておりませんが、ご自身で設定されるなど何らかの理由でファイル名に全角ダブルクォーテーション「”」が含まれていると表示できないことがあります。ファイル名から全角ダブルクォーテーション「”」を削除してファイルを開いてください。
  5. Excelのファイルを開く設定がおかしい
    Excelの設定で、「ほかのアプリケーションを無視する」の設定部分がONになっている場合が考えられます。何かのプログラムのエラーやシステムのエラーなど何らかの理由で勝手に設定されてしまう場合があります。
    以下にExcel2016の場合の操作について解説します(Excel2007、Excel2010、Excel2013なども基本的には同様です)

    1. Excelを開きます
    2. 「ファイル」をクリックします
      「最近使ったファイル」項目が表示されている場合は「空白のブック」を選択します
      左上に「Offceボタン」がある場合にはこちらをクリックします(Excel2007、Excel2010)
    3. 「Excelのオプション」または「オプション」をクリックします
      インストールの環境によりどちらかの表記になります
    4. 左メニュー「詳細設定」をクリックします
    5. 右ウィンドウに「全般」という項目が表示されるまでスクロールします
    6. 「Dynamic Data Exchange(DDE)を使用する他のアプリケーションを無視する」項目にチェックが入っている場合はチェックを外します
    7. チェックマークを外したら、ウインドウの下の方にある「OK」ボタンを押し、そのウインドウを閉じます
    8. Excelを終了します
    9. 開けなかったエクセルのファイルをダブルクリックして開きます

メールについて

購読解除されたいメールの最下段に購読解除URLが表示されていますので、そちらより購読解除をお願いします。

お手続き以降、配信されることはありません。

なお、会員制プログラムの会員向けメールは、会員期間中、配信停止することはできません。

また、重要な事項に関するもので、かつ、利用者に重大な損害が発生する可能性がある内容については、配信停止されている場合でも配信することがあります。あらかじめご容赦くださいますようお願いいたします。

お問い合わせから5営業日以上経過しても返信がないなどマネーセンスカレッジからのメールの未着が続く場合は、下記ページをご参照ください。

各メールサービス、メールソフトの迷惑メールにしない方法まとめ
http://46mail.net/index.php?e=support@college.money-sense.net

現在、会員制プログラムの弊社会員サイトシステムとPayPalシステムの連動の関係で、メールアドレスの変更にお手続きを要しております。
会員サイトシステムを新システムに移行するまでの間、別途ご案内をしております。
お手数をお掛けしますが、会員サイトのフォームよりお問い合わせください。