時間分散(積立投資)

100円から積立投資が大切な6つの理由

老後資金問題を100円から積立投資で解決する 時間分散(積立投資)

老後2,000万円問題に代表されるように、私たちは将来に向けて大きな資産を準備しなくてはなりません。預金で貯めることもできますが、投資の力を使うとさらに大きな金額を用意できます。

しかし「投資は最初にかなりお金がいるんでしょ?」と思っている方は多いのではないでしょうか。もちろん資金は多いほうがいいですが、最近は100円から積立投資を始められます。

そこで今回の記事では、たった100円の積立投資が老後資金を用意するのに大切な6つの理由を解説します。

老後資金に不安がある方は、ぜひ参考にしてください。

100円から積立投資のメリット:①時間分散がしやすい

時間分散とは、いわゆる投資する期間を分散させてリスクを抑える考え方です。

ドルコスト平均法一定期間ごとに一定金額を投資する方法)を使って、金融商品を1回ではなく複数回に分けて購入し時間軸の分散を行います。その結果、購入金額が平均化されて価格変動による影響を受けづらくなるのです。

100円から積立投資ができる場合、上記の時間分散を行いやすいメリットがあります。

家計への負担が少ないのでドルコスト平均法を継続できる

たとえば、1口あたりの購入金額が10万円だとしましょう。

100円から積立投資ができると時間分散がしやすい

投資初心者にとって、一定期間ごとに10万円を投資し続けるのは、金銭的にも精神的にも難しいのではないでしょうか。

マネーセンスカレッジでは、ドルコスト平均法を使って1ヶ月ごとに一定金額の投資をおすすめしています。

したがって、最低購入価格が10万円の場合は毎月10万円を用意しなければなりません。

基本的にドルコスト平均法では、価格が高いときも安いときも関係なく投資し続けます。

価格が上がっているときは、何も怯えることなく投資できるでしょう。

しかし、下がっているときにも10万円を投資し続けるのは、経験が浅いと精神的に不安になりやすいです。

では、100円から積立投資が可能であればどうでしょうか?

誰でもすぐにスタートでき、毎月継続して購入できますよね。100円程度なら資金の抽出も簡単で、下落が起きたとしてもあなたの資産にあまり影響は与えません。

そのため、楽に投資を始められ精神的な負担も少ない金額で投資経験を積めます。

時間分散は大きな利益を得にくい

ただし、時間分散には大きく儲けられないデメリットがあります。

一気に100万円投資するのと毎月2万円投資するのでは、当然最初に100万円を投資したほうが10年後や20年後に多くの利益を得られます。

ただ、ここで思い出して欲しいのは、あなたが投資を始めたいと考えた理由です。

おそらく「銀行に預けているよりも少しでもプラスになるから」と最初に考えたので、投資を始めるのではないでしょうか。

投資で、莫大な金額を稼ぎたいわけではないはずです。

将来の不安を減らすために老後資金や教育資金を確保して、幸せで豊かな生活を送りたかったのが目的ではないでしょうか。

利益を求めて一括で投資を行い、途中で不安になって運用をやめてしまっては意味がありません。

大きな利益を求めるよりも、本来の目的を達成するほうが大切ですよね。

時間分散にはデメリットもありますが、投資初心者が継続して運用を行うためには重要な戦略です。

100円から積立投資のメリット:②資産分散がしやすい

投資について調べてみると、多くのメディアで投資初心者には運用のリスクを抑えるために「分散投資」を推奨しています。

分散投資には2種類あり、ひとつは先ほど解説した時間分散。もうひとつは「資産分散(アセットアロケーション)」と呼ばれる、投資先を複数に分ける考え方です。

マネーセンスカレッジでは、全世界のアセットへ資産を分散する戦略「全世界投資」を推奨しています。

全世界投資を行う場合に、100円から積立投資が始められると非常に行いやすいです。

たとえば、最小購入価格が1万円で全世界投資を考えてみましょう。

全世界投資では、大きく分けて10種類ほどのアセットに投資をします。つまり、全世界投資を実行するには毎月最低10万円が必要になります。

また全世界投資では、投資先の割合は均等ではありません。先進国株式に◯%、国内債券に◯%など、各アセットごとに投資する金額の割合が異なります。

資産配分の割合をバランスよく調整できると、期待できる利回りの目標や値動きの安定性などを変えられるためです。

したがって、各アセットに適切な割合で投資すると、毎月10万円よりも多くのお金を用意する必要があります。

投資を初めて行う段階で毎月10万円以上必要な場合、下落時の影響を考えると不安になるのではないでしょうか。

さらに、投資資金を継続して準備するのも難しい可能性があります。これから投資を始める段階で、毎月10万円抽出するのは家計的に苦しいのではないでしょうか。

一方で100円から積立投資ができると、5%ずつに分けても全世界投資は2,000円から始められます。子供のお小遣い程度の金額で、投資をスタートできるのです。

推奨はしていませんが、資産分散を実施せずにひとつのアセットしか購入しない戦略を行う場合、下手すると100円から投資が始められます。

このように、100円から積立投資ができると投資初心者の方でも資産分散をしながらすぐに運用をスタートしやすいです。

さらに詳しく全世界投資の考えや導入する理由を知りたい方は『全世界投資の根幹「アセットアロケーション」』をご覧ください。

100円から積立投資のメリット:③投資経験を増やせる

上述しましたが、全世界投資では国内株式や先進国債券、国内REITなど値動きの異なるさまざなアセットに分散投資を行います。

たとえば2008年にリーマンショックが起きた際、株式の価格は一気に下がり元に戻るまで時間がかかりました。債券価格は、一時的に下がりはしましたが株式よりも早く元の価格に戻りました。

このように、それぞれのアセットは違う値動きをすることが過去のデータから読み解けます。

ただ、過去のデータを見て「これぐらい下がるかもしれない」と頭では理解していても、実際に体験したときに自分が下落時にどのような心理状態になるかはわからないですよね。

今後、リーマンショック級の暴落が起きるかはわかりません。

ただ、100円や2,000円からでも積立投資を始めていれば、毎月や毎年の価格の上下動を体験できます。

つまり、投資経験を増やせて下落に対する心構えを鍛えることが可能です。

100円から積立投資のメリット:④投資を早く始められる

投資は長い期間行うほど複利効果が発揮され、少ない投資金額でも大きな資産を築けます。そのため、少額でも投資はできるだけ早く始めるのがおすすめです。

投資は生活防衛資金の確保が優先

ただ「投資は余剰資金で始める」といった言葉をよく目にするのではないでしょうか。

マネーセンスカレッジも同じ考えで、投資は余ったお金で始めるのを推奨しています。

いわゆる、家計を整えて「生活防衛資金」を貯めることが長期投資には大切なためです。

生活防衛資金とは、病気や怪我などアクシデントがあった際に使うための資金。生活防衛資金がないと何か多額の支出があった際に、運用していた商品を売って資金を用意する可能性があります。

生活防衛資金の重要性

運用途中で売却してしまうと、本来の目的であった老後資金や教育資金の確保が難しくなります。

つまり、投資に失敗したといっても過言ではありません。そのため、投資を始める前に最低でも100万円ほどの生活防衛資金を用意する必要があります。

最小購入価格が安いと生活防衛資金の確保と投資を同時にできる

ここまで聞くと「投資は早く始めたほうがいいのに、お金がないとスタートしてはいけないの?」という質問が生まれるのではないでしょうか。

生活防衛資金の確保を優先するなら、当然上記のような疑問が浮かんできますよね。

ここで重要になるのが、100円からの積立投資です。

100円のように少額から積立投資ができると、生活防衛資金を貯めながら投資を始められます。

たとえば、毎月2万円の積立貯蓄を行うと、4年間で約100万円を貯められますよね。投資は、全世界投資がおすすめなので最低毎月2,000円必要です。

つまり、毎月22,000円(貯金2万円+投資2,000円)あれば「生活防衛資金の確保」と「投資」同時に始められます。

しかし、最低10万円からしか投資が始められないとなると、2つを同時に行うのは途端に難しくなります。

最低10万円からだと、毎月12万円(貯金2万円、投資10万円)必要なので同時進行は家計への負担が大きいですよね。

100円から積立投資のメリット:投資を早く始められる

このように、100円から積立投資ができると投資をすぐに始められます。生活防衛資金が貯まるまでの期間があれば投資経験も増やせるため、投資初心者にとって非常に大きなメリットです。

投資開始が早いほどお得な理由は「20代は50代の8倍!投資のスタート年齢が資産に与える影響とは」の記事で解説しています。来月から始めようと投資開始を遅らせれている方は、ぜひチェックしてください。

100円から積立投資のメリット:⑤投資を長く続けられる

100円や2,000円のような少額から投資をスタートした場合、価格の上下動があなたの資産に及ぼす影響少ないです。

たとえば、全世界投資で毎月2,000円の積立投資を行い、3年後に資産が10%下落したとしても、積立金額が少ないためそれほど気にならないでしょう。

そのため、100円から積立投資ができると少ない金額で投資経験を増やせて、投資を長く続けるため心構えを鍛えることが可能です。

投資歴が20年、30年のように長くなると、100万円や1,000万円投資することに恐怖はあまり感じません。怖さはありますが、経験則によりメンタルをコントロールできます。

しかし、投資初心者が10万円や100万円ほどの金額を運用すると精神的にどうでしょうか。

価格が下がった場合の心構えがしっかりとできていないため、資産がさらに減らないか不安になります。

「この投資方法は正しいのか?」「他の人が言っている投資方法がいいのでは?」など、世の中の情報がすべてを信じられなくなってしまいます

そのため、投資を始めるのに少しでも怖さを感じている場合、100円単位で投資金額を調整できるは非常に大きなメリットです。

100円から積立投資のメリット:⑥税制上のメリットを受けやすい

税制上のメリットとは、NISAiDeCoなどの非課税制度を意味します。

たとえば、NISA制度は日本語で「少額投資非課税制度」といい、売却益に対してかかる20.315%の税金が非課税となるお得な制度です。

NISA制度には2種類あり、非課税金額が600万円の一般NISA。もうひとつが、非課税金額が800万円のつみたてNISAです。

NISAやiDeCoのような税金が減税される仕組みは、投資を始めた方のみが受けられるメリット。

つまり、最低購入価格が1万円や10万円のように高額で、そもそも投資を始めにくい状態であれば減税の恩恵を受けられません。

そのため、100円から積立投資ができるのは、投資をすぐに始められて尚且つ税制上のメリットもあるのが魅力的なポイントです。

100円から積立投資を始めて将来の不安を無くしていこう

実は、100円から積立投資が可能になったのは、ここ数年の話です。14,5年前は、最低購入価格が1万円だったり、特定口座すらなかったりしました。

そのため、今は投資を始めやすい時代。100円からでも投資を始めてみると、将来大きな資産を築くことが可能です。

「100円程度投資しても何も変わらない……」といった声も聞きますが、始めてみると見えてくる世界が違ってきます。

マネーセンスカレッジの全世界投資は、安全で安定的な運用を目指せる投資方法。たった2,000円から始められるので、ぜひ今回の記事を参考にまずは積立投資を始めてみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ


無料講座:チーム7%プレ講座
無料講座:チーム7%プレ講座

会員制プログラム「チーム7%」の無料プレ講座になります。

  • 投資をはじめたいけど何からしたらいいか分からない
  • なるべく安定・安心・安全に運用していきたい
  • チーム7%が気になっているけれども一歩踏み出せない

もしこう思っているなら、この無料講座はまさにあなたのためのものです。

このプレ講座では

  • はじめて投資をする人がとるべき3つの投資戦略
  • 投資を成功させるために必要な2つのシステム
  • 元本割れが怖い?投資におけるリスクとリターンの正しい考え方

などをお話ししています。

投資をはじめるなら、このプレ講座で紹介している「3つの戦略」と「2つのシステム」は必ず手に入れておいてください。

ファイナンシャルプラン、資産運用講座ならマネーセンスカレッジ
タイトルとURLをコピーしました