時間分散(積立投資)

20代・30代の積立投資は敵なし!長期投資による資産の増え方とは

時間分散(積立投資)

投資を始める際に「長く運用することが大切だよ!」という言葉を聞いた方は多いのではないでしょうか。

実際、投資期間が長いほど資産は加速度的に増えていくのですが、なぜ期間が長いほど有利になるのか正しく理解していないまま運用している人も少なくありません。

そこでこの記事では、長期間の積立投資による資産の増え方をわかりやすく解説します。記事を読むことで、毎月1万円の積立投資が将来どれほど大きな資産を生み出すのかイメージできるようになります。

お金の増え方がわかる公式「72の法則」

積立投資によるお金の増え方を理解する場合に覚えておきたいのが「72の法則」と呼ばれる公式です。

「72の法則」とは、投資したお金が2倍になるまでの期間を求める公式です。72を年利回り(%)で割ることで、資金が2倍になるまでの期間年数を算出できます。

たとえば、1万円を年利回り7%で運用した場合に資金が2倍になるまでの年数は以下のように求められます。

72÷7=10.29

つまり、約10年ほどで2万円になるということです。

投資期間が長いほど加速度的にお金は増える

基本的に長期投資という場合は、最低でも10年以上は運用を続けることが前提です。そこで72の法則をもとに、10年以上運用では資産がどのように増えていくのか解説します。

例として、元本を1万円、年利回り7%で70年間運用した場合のお金の増え方を表にしました。

72の法則による資産の増え方の例
※運用結果の数値は概算です

表からわかるように、10年ごとに2倍、4倍、16倍……128倍と、資産は加速度的に増えていきます。つまり、投資期間が長くなるほど資産は大幅に増加していくのです。もし0歳時点で子どもに100万円投資しておけば、たとえば40歳を迎える頃には1,600万円まで増えていますね。

このように長く運用すると資産が増えていくので、できるだけ早く投資を始めることが重要なのです。

「72の法則」については「72の法則とは?お金の増え方を学んで【脱・投資初心者】」の記事でも取り上げています。より深く理解したい方はこちらもぜひチェックして下さい。

少額の積立投資でも老後資金は準備できる

72の法則からわかるように、投資期間が長くなるほど資産は増えていきやすいです。では、毎月一定金額を投資し続ける「積立投資」の場合には、資産がどのように増加していくのでしょうか。

積立投資で50年間運用すると5,033万円の利益

積立投資においても長期投資のパワーは絶大です。下記の画像は、毎月1万円を利回り7%で積立投資をした場合の資産の増え方をグラフにしています。

積立投資での資産の増え方

グラフからわかるように、月1万円の積立投資を利回り7%で50年間運用すると「5,033万円」の利益を得られます。

20歳で投資を始めた場合、70歳時点で5,033万円を受け取れる可能性があるということ。もしあなたが0歳の頃から毎月1万円の積立投資を続けていれば、70歳時点で受け取れる金額は約2億円。日本人の一般的な生涯年収に近い金額の利益がでます。

毎月1万円の投資でも、投資期間によって非常に大きな資産になることがわかりますね。

一括投資では156万円あれば50年後に5,000万円

一括投資とは、運用に回すお金を一気に投資する方法です。この運用を行う場合は同じ利回り、同じ投資期間で5,000万円の利益を得るには初期費用はいくら必要なのでしょうか。

結論として、一括投資を行う場合は最初の投資資金として「約156万円」必要です。

72の法則で考えると年利回り7%で50年間投資をおこなうと元本は32倍になります。つまり、32倍をかけると5,000万円になる数字が初期費用だということです。

◯◯円×32=5,000万円
→5000万円÷32≒156万円

1,000万円や2,000万円ならともかく、156万円なら絶対に用意できない金額ではありませんよね。

ただ、20歳のときに156万円を一括投資するのは精神的に難しいかもしれません。特に長期投資では最初の数年間は元本割れが起きやすいので、資産が目減りする不安も生まれるでしょう。

また、156万円を一括投資した場合にあなたの生活が苦しくなってしまうと意味がありません。将来も大切ですが、今を楽しむことも大切だからです。

そのため、一括投資を行う場合は現在の家計状況や投資した場合の精神状態をよく考えてから投資するようにしましょう。

少額から積立投資を始めて老後資金の不安を解決しよう

今回は、積立投資を50年間行う場合に資産がどのように増えていくのか解説しました。毎月1万円を利回り7%、50年間運用することで、最終的に5,033万円もの利益を得られます。

毎月1万円の積立投資ができれば、老後の生活や子供の教育資金などの不安は解決可能。投資を始めるためのパワーはそれほど必要ありません。たとえ少ない金額だとしても、長く運用できれば人生を支えるだけの資産形成ができます。

ぜひ今回の記事を参考に、まずは2,000円ほどの少額でもいいので積立投資を始めてみてはいかがでしょうか。マネーセンスカレッジが推奨する全世界投資は、最低でも月2,000円が必要です。月2,000円の積立投資でも、利回り7%で50年間運用すると1,000万円以上の利益になります。

できるだけ長期投資の恩恵を受け取るためにも、年齢が若い人はできるだけ早く投資を始めていきましょう。

関連コンテンツ
無料講座:チーム7%プレ講座
無料講座:チーム7%プレ講座

会員制プログラム「チーム7%」の無料プレ講座になります。

  • 投資をはじめたいけど何からしたらいいか分からない
  • なるべく安定・安心・安全に運用していきたい
  • チーム7%が気になっているけれども一歩踏み出せない

もしこう思っているなら、この無料講座はまさにあなたのためのものです。

このプレ講座では

  • はじめて投資をする人がとるべき3つの投資戦略
  • 投資を成功させるために必要な2つのシステム
  • 元本割れが怖い?投資におけるリスクとリターンの正しい考え方

などをお話ししています。

投資をはじめるなら、このプレ講座で紹介している「3つの戦略」と「2つのシステム」は必ず手に入れておいてください。

ファイナンシャルプラン、資産運用講座ならマネーセンスカレッジ
タイトルとURLをコピーしました