時間分散(積立投資)

72の法則とは?お金の増え方を学んで【脱・投資初心者】

時間分散(積立投資)

投資の世界には、さまざまな法則がありますが、その中でも基礎的な法則として「72の法則」は非常に有名です。

この記事では「72の法則」が具体的に何を求めるための公式なのか解説します。72の法則を理解するだけで、投資を行う際に将来資産がどれくらいの金額になるのかイメージしやすくなります。記事を最後まで読んで、基礎知識を身につけていきましょう。

「72の法則」とは投資資金が2倍になるまでの期間を求める法則

72の法則とは、複利の効果により資金が倍になるまでの期間年数を算出するための法則です。

「72」の数字を「年利回り」で割ることにより、資金を2倍にするまでに必要な大まかな期間を算出することができます。

72の法則とは

マネーセンスカレッジのチーム7%では、年利回り7%を目指しています。

そのため、投資した資金が倍になるまでには約10年必要です。最初に投資した元本が10万円の場合は、10年後に20万円になります。

利回りが小さいほど投資期間は長くなる

そのほか、利回りが1%増えるたびにどれくらい期間が変わるのか表にしました。(年数はあくまで概算)

72の法則利回りと投資期間

表を見てわかるように、利回り1%と2%では資金が倍になるまでの期間は2倍違います。利回り1%と3%では、倍になるまでの期間は3倍です。

つまり、利回りが小さいほど資金が倍になるまでの期間は長くなるため、たった1%の差も軽視してはいけないということです。

銀行に預けたお金が2倍になるのは7,000年必要

72の法則で考えると、利回りのパーセンテージが下がるほど投資した資金が倍になるまでの期間は、倍々ゲームのように増えていきます。

近年、銀行の普通預金の金利は「約0.001%~0.3%」ほどが標準。この数字を72の法則に当てはめると、資金が倍になるまでの期間は果てしなく長くなります。

  • 金利0.001%の場合:約72,000年
  • 金利0.01%の場合:約7,200年
  • 金利0.1%の場合:約720年

銀行によっては「金利が0.1%と高いです!」とうたっている企業もあります。しかし実際、金利が0.1%や0.5%増えたとしても、私たちが生きている間にはあまり影響しない変化なのです。

マネーセンスカレッジでは金利が1%未満の時点で0%と同じものと考えています。銀行に預けているだけではお金は増えていきません。

したがって、お金を増やすためには資産が増えるものに投資をするしかありません。

72の法則によるお金の増え方を覚えておこう

投資の際に見かける金利は、ほとんどの場合1桁です。そのため、お金の増え方のイメージがあまり湧かないですよね。

そんなときに「72の法則」を覚えておくと便利です。お金を預けて資産が倍になるのにどれくらい期間を求めるときや、一定期間で資産を倍にする場合にどれだけの利回りが必要なのか計算する際などに活用できます。

実際に積立投資をした際の資産の増え方は「20代・30代の積立投資は敵なし!長期投資による資産の増え方とは」の記事でより詳しく解説していますので良ければご覧ください。

また、実際に計算すると実感しますが、長期投資は長い時間がかかります。そのため、若いうちに始めたほうが有利だということです。

若いうちに長期投資を始めたらどれだけのアドバンテージがあるのかについては下記の記事にまとめています。本記事と併せて、こちらもチェックしてくださいね。

関連コンテンツ
無料講座:チーム7%プレ講座
無料講座:チーム7%プレ講座

会員制プログラム「チーム7%」の無料プレ講座になります。

  • 投資をはじめたいけど何からしたらいいか分からない
  • なるべく安定・安心・安全に運用していきたい
  • チーム7%が気になっているけれども一歩踏み出せない

もしこう思っているなら、この無料講座はまさにあなたのためのものです。

このプレ講座では

  • はじめて投資をする人がとるべき3つの投資戦略
  • 投資を成功させるために必要な2つのシステム
  • 元本割れが怖い?投資におけるリスクとリターンの正しい考え方

などをお話ししています。

投資をはじめるなら、このプレ講座で紹介している「3つの戦略」と「2つのシステム」は必ず手に入れておいてください。

ファイナンシャルプラン、資産運用講座ならマネーセンスカレッジ
タイトルとURLをコピーしました