時間分散(積立投資)

投資を始める最適なタイミングはいつ?時期に迷っているなら今すぐ始めよう

投資を始めるタイミングはいつ 時間分散(積立投資)

投資を始めたいけれど、いつ投資をしたら利益が出るのか気になってしまいスタート時期に悩んでいるのではないでしょうか。

戦略にもよりますが、基本的に投資を始めるタイミングは気にする必要はありません。運用結果にそれほど大きな影響は与えないので、投資をしよう!と思ったときに始めるのがベストなタイミングです。

そこで今回の記事では、投資を始める適切なタイミングの考え方について解説します。記事を読むと、いつ投資を始めるべきか明確になります。

投資を始めるなら「いま」が最適

投資を始める時期に迷われている方の中には「投資にはたくさんの資金が必要だ」と考えている方がいます。 資金が必要だと思っているから、お金が貯まるまでは投資を始めません。

実は、これは多くの方が誤解していることです。今の時代、投資は100円から始められます。

投資を始めるために多額の資金が必要だとすると、どれくらいの金額を最初に貯めなければならないのでしょうか。

一生分の資産を築くためには、運用できる期間にもよりますが投資資金が100万円や200万円ではまったく足りません。それ以上のお金を余剰資金として確保しておく必要があります。

ということは、投資を始めるための初期費用を用意するだけで数年以上かかってしまうでしょう。これでは、投資を始めるタイミングがどんどん遅れていくだけです。

投資資金の確保が難しいのであれば、私たちができる対策は「時間」を確保すること。投資は運用期間が長ければ長いほど複利の力が働き、資産は倍々ゲームのように増えていきます。

つまり、お金はないけれど時間を確保できるなら、家計を圧迫しない程度の少ない金額で毎月積立投資を行う以外の方法はありません。

そのため、初期費用のために貯金を行うのではなく、始めたいと思った段階ですぐに投資をスタートさせて時間を確保する方法をおすすめします。

投資を始めるタイミングはいつ

投資を始めるタイミングは利益の2割にしか影響しない

マネーセンスカレッジでは、積立投資を行う際はアセットアロケーション理論を用いた戦略を推奨しています。

アセットアロケーション理論とは、資産を分散させて価格変動リスクを抑えた安全で安定的な投資を続けるための方法です。

初心者でも簡単に実践できる方法なのですが、投資を始めるタイミングはリターンの2割程度にしか影響しません。

運用結果の8割は、資産をどこにどれだけ分配しているかの「アセットバランス」で決まります。

アセットバランスが8割を決める

たとえば、平均利回りが7%だった場合、5.6%(8割)はアセットバランスによって決まります。残りの1.3%(2割)が、商品を購入する時期何を購入しているのかに左右されるのです。

全問正解を目指すのではなく、平均点以上の成績を簡単に狙えるのがアセットアロケーションです。残り2割の成果を求めようとすると、今以上に勉強をしなければなりません。

運用結果の8割を取れるのであれば、資産形成としては十分ではないでしょうか。そのため、アセットアロケーションを行うつもりなら、いつ投資を始めるか悩まずに「いま」すぐ動き出すと将来的に大きな資産を築けます。

一括投資を行うタイミングも「いますぐ」

投資初心者には基本的に積立投資を推奨していますが、中にはすでに資金があり一括投資を検討している方もいるでしょう。

一括投資も積立投資と同様に「始めたい!」と思ったときに始めましょう。アセットアロケーション運用を行うつもりなら、一括投資でも始めるタイミングはそれほど関係ありません。

ただし、「いつ始めたらいいかな?」という疑問が浮かぶのであれば積立投資をおすすめします。

投資タイミングを気にしている時点で、頭では資産が増えることを理解していてもどこか恐怖を感じているためです。

もしこの状態で一括投資を行うと、価格の上下動に一喜一憂してしまい投資を続けられない可能性があります。そのため、お金を分割にして積立投資を行い、心の不安を抑えながら運用を始めましょう。

たとえば、100万円の資金がある場合は5年ほどのスパンで考えると60回(12ヶ月×5年)に分割できます。

景気には波があるため、5年間投資を続けると価格が上がるパターンと下がるパターンの両方を経験できるでしょう。5年間で知識と経験を身につけて、ある程度自分で判断できるようになった際にあらためて一括投資を検討してはいかがでしょうか。

理論上は同じ金額、同じ期間で投資を続けた場合、積立投資の利益は一括投資の約半分になります

しかし、未来がどうなるのかは誰にもわかりません。分割で投資を行ってみると、一括投資よりも多くの利益が出る可能性はあります。

そのため、一括投資も積立投資も関係なく、始めたいと思ったときにスタートさせましょう。

積立投資の考え方は以下の記事をチェックしてください。王道の積立方法「ドルコスト平均法」が持っている強さを知ることができます。

投資を始める前の2つの注意点

タイミングを気にしていては、いつまで経っても投資は始められません。そのため、思い立ったらすぐに行動をしましょう。

ただし、投資を始める前には2つ意識して欲しいポイントがあります。投資以前の話になるので、しっかりチェックしておいてください。

3~5ヶ月分の生活防衛資金を貯める

投資を始める前には3~5ヶ月分の「生活防衛資金を確保しておくことが大切です。

生活防衛資金とは、病気や事故など何かしらのアクシデントがあったときに必要になるお金。生活防衛資金を貯めていないと、急な出費が必要な際に投資資金を切り崩して対処しなければなりません。

投資資金を切り崩してしまうと、お金が足りずに運用を途中でやめてしまう可能性がありす。

投資は長期間継続することが大切です。長く運用するほど、資産は倍々ゲームのように増えていきます。

そのため、投資を始める前に3~5ヶ月分の生活防衛資金を貯めておきましょう。

3年以内に使うお金は投資に回さない

2つめのポイントは、3年以内に使うお金は投資に回さないことです。

実は投資を始めて3年以内は、元本割れの確率が30%ほどあります。

たとえば、3年後に車の買い替えに使うお金を投資で貯めていたとしましょう。

3年後に元本割れをした場合、本来必要な資金が足りないため車の買い替えができなくなりますよね。これではせっかく投資をしていても本末転倒です。

そのため、3年以内に使う予定のお金は投資しないように貯蓄しておきましょう。

10年運用すると元本割れの確率は約10%ほどまで下がります。投資を始めたばかりの時期は高い確率で元本割れが起きるので、長い目で将来のお金を貯めることが大切です。

3年以内の支出に関する具体的な内容は下記の記事で解説しています。継続的な支出や1回だけの支出なども提示しているので、ぜひチェックして損するリスクを減らしていきましょう。

投資をしたい!そう思ったときが最適な投資タイミング

投資を始める時期に悩まれている方は「いますぐ」スタートしましょう。

価格が下がったときに買おうと考えていても、未来のことは誰にもわかりません。投資初心者が予想ししても、何もわからないでしょう。

アセットアロケーション理論では、投資タイミングは運用結果の2割しか影響しません。ほとんど影響しないなら、いまのうちに投資をスタートさせて経験を積んでおけば、いつでも下落に対応できるように準備がしたほうがいいのではないでしょうか。

そのため、ぜひ記事を参考に心理的にも物理的にも自分に影響の少ない金額で、まずは運用を始めていきましょう。

関連コンテンツ
無料講座:チーム7%プレ講座
無料講座:チーム7%プレ講座

会員制プログラム「チーム7%」の無料プレ講座になります。

  • 投資をはじめたいけど何からしたらいいか分からない
  • なるべく安定・安心・安全に運用していきたい
  • チーム7%が気になっているけれども一歩踏み出せない

もしこう思っているなら、この無料講座はまさにあなたのためのものです。

このプレ講座では

  • はじめて投資をする人がとるべき3つの投資戦略
  • 投資を成功させるために必要な2つのシステム
  • 元本割れが怖い?投資におけるリスクとリターンの正しい考え方

などをお話ししています。

投資をはじめるなら、このプレ講座で紹介している「3つの戦略」と「2つのシステム」は必ず手に入れておいてください。

ファイナンシャルプラン、資産運用講座ならマネーセンスカレッジ
タイトルとURLをコピーしました