投資

年齢によって投資方法は違う?若者でも高齢者でも全世界投資がおすすめの理由

年齢 投資方法 違い 投資

「高齢だからリスクを抑えた運用がいい」
「年齢が高いほど債券比率は上げる」

投資について調べると、上記のような内容で発信しているメディアは多いのではないでしょうか。

そのため、自分の年齢に合う投資方法があるのか探してしまいますよね。

結論として、年齢によって投資方法を変える必要はありません。

マネーセンスカレッジでは、年齢に関わらず世界中の資産へ投資をする「全世界投資」をおすすめしています。

そこで今回は、投資方法の選び方にあなたの年齢が関係しない理由を解説します。

年齢による投資方法の違いはない

投資方法を決める際に「若い人はリスクを取れて、年齢が高い人はリスクを抑える必要がある」といったリスク許容度の話はよく目にします。

年齢若い場合、たとえ資産が減っても労働力でリカバリーできるためリスクを取れる。

高齢になると労働資産が少ないため、できるだけ資産が減らないようにリスクを抑えた運用をしたほうがいいといった内容です。

こういわれると、なんとなく共感できる方は多いのではないでしょうか。

ただ、この考え方は一時的な損の話をしています。

一時的に価格が下がった場合でも「統計的にそのあと価格が上がっていく確率が高いためリスクをとっても問題がない」という前提があるのです。

しかし、年齢に関係なく運用しているお金が減ったり、一時的に損したりしてもいいことはないですよね。何歳であっても、損はできるだけしたくないはずです。

つまり、損をしてもいいかどうかの感情には個人差があるということです。

年齢は若いけど1円も減らしたくない方がいれば、50代だとしても将来的に増えると思って多少の損は受け入れる方などがいます。

したがって、投資方法を決める際に年齢は関係ありません。リスクのある投資方法を「したい」「したくない」の好みの問題(リスク選考度)になります。

自分に合う投資方法を見つけるには?

投資方法を決める際に、あなたの年齢は関係しないと伝えました。

では、投資方法はどのように考えたらいいのでしょうか。この項目で、投資方法を考える正しい順番を解説します。

1,投資方法はファイナンシャルプランから考える

投資方法を考える際は、最初にファイナンシャルプランを立てることが大切です。

ファイナンシャルプラン上の目標を達成するために必要な方法論として「投資」があります。

ここで思い出して欲しいのが、そもそもなぜ投資を始めたいと考えたのでしょうか。

「子供の大学の入学費用を貯めたい」
「定年で仕事を辞められるだけの資金を貯めたい」

おそらく、多くの方が上記のようなことが目標ですよね。

しかし、目標を達成するために具体的にいくら必要で、毎月どれほど積立投資をしたらいいのかわからないのではないでしょうか。

毎月必要な積立金額や将来必要なお金を考えるには、家計を整えてファイナンシャルプランを立てなければなりません。

たとえば、以下のように考えるとわかりやすいです。

  1. 年金が年間〇〇万円貰える
  2. 不足分を資産から取り崩す必要がある
  3. 取り崩しが〇〇年続く
  4. だから、老後までに〇〇万円用意しないといけない
  5. 〇〇万円用意するには毎月〇万円積立投資する

このように、毎月いくら投資をしたら目標が達成できるのか逆算をします。逆算した結果から、自分の目標をクリアするために必要な投資方法を考えなければなりません。

投資とファイナンシャルプランの関係性

投資を始めるための土台がファイナンシャルプラン。そのプランを実現するための方法論が投資です。

そして、投資やファイナンシャルプランなどをわかりやすく学べるサービスがマネーセンスカレッジの「チーム7%」になります。

ファイナンシャルプランを行ったことがない方は「現代人こそファイナンシャルプランが必要な理由」の記事でわかりやすく解説しています。本記事と併せてぜひご参照ください。

2,投資商品は投資方法に合うものを選ぶ

「投資商品は何を買ったらいいですか?」この質問は、初めて投資を行う方からよく聞かれます。

何を買ったらいいかわからないため、投資を始めていない方は多いのではないでしょうか。

商品を選べない悩みは投資のよくある誤解のひとつ

実は、購入する投資商品は「投資方法」によって決める必要があります。

たとえば、投資方法に全世界投資を選んだとしましょう。

全世界投資は、世界中へ資産を分散させることで世界経済の成長の波に乗った安全で安定的な運用を目指す投資方法です。

したがって、全世界に投資できるように投資商品を選んでいきます。

投資商品がわからない理由は、そもそもどのような投資をしたいのか決まっていないためです。

投資方法が明確でないため、商品の価格が「上がる」か「下がる」かの金銭的な部分だけで判断してしまいます。

その結果、何を購入したらいいのか悩んで投資を始められないのです。

購入する投資商品はあなたが行う投資方法を実践できるものから選ぶ。そして投資方法は、あなたのファイナンシャルプラン上の目標を達成しやすい戦略を取りましょう。

年齢関係なく投資方法は「全世界投資」がおすすめ

世の中には、個別株式やFXなど多種多様な投資方法があります。

そのため、ファイナンシャルプランを立てたとしても、結局どの投資方法を行うか決められない方もいるでしょう。

マネーセンスカレッジでは、年齢や職業などに関係なく投資方法は「全世界投資」をおすすめしています。

世界の経済成長にあなたの年齢は関係しない

投資を始める年齢を気にされている方に全世界投資をおすすめする理由は、世界は常に経済成長し続けているためです。その成長に、あなたの年齢や家族構成、住んでいる地域は関係しません。

全世界投資の中身を紐解くと、アセットアロケーション投資(アセットアロケーション運用)でアセットバランスを決めて、さらにドルコスト平均法で積立投資を行い、メンテナンスのために1年に1回程度リバランスを行います。

簡単にいうと、世界中に資産を分散させて世界の経済成長の波に乗って投資をする方法です。

世界の経済成長率は、年間約1~4%ほど。ここにドルコスト平均法や危機回避などの戦略を加えることで、年利回り7%を目指して運用をしていきます。

そもそも、投資が成功するか失敗するかは確率です。全世界投資で資産が増えていくかどうかも確率によって変わります。

ただ、世界の経済が成長する可能性は常に高確率です。

世界経済は、発展する期間もあれば、反対に落ち込む期間もあるでしょう。コロナショックやリーマンショックが起きた際は、しばらく経済発展は鈍化しました。

しかし、世界全体でみてみると経済成長は続いています。

1年ごとに区切るとわかりませんが、5~10年ほどの単位で調べると常に経済は成長しているのです。

全世界投資と比率は違いますが、私たちの年金を運用しているGPIFもアセットアロケーション運用をしています。

GPIFのレポートを調べると、運用期間を10年単位で区切った場合にどの期間で調べても1度もマイナスになっていませんでした。

つまり、10年ほどの単位で調べると世界経済が落ち込む確率は非常に低くなっています。

私たちが投資をする場合、長期投資が前提です。10年、20年以上の長い期間投資を行い、将来必要なお金を貯めます。

したがって、マネーセンスカレッジやGPIFの運用成績、歴史的なエビデンスからもわかるように、世界中に長期間投資をしていれば高確率で資産は増えていきます。

世界経済が成長する根本的な理由はこれからも変わらない

「未来も経済が成長し続けるか誰にもわからないじゃないか!」

このように思われる方もいますが、たしかに未来のことは私たちも保証できません。

しかし、経済成長を続ける根本的な理由は「人々が明日をもっと豊かにしたい」という想いではないでしょうか。

人類は、生活を豊かに幸せにするために新しい技術を開発したり、新薬を作ったりしています。

世界の経済構造や台頭する国などは時代によって変わります。

ただ、成長する根本的な理由が変わらない限りは、未来の経済も成長していくでしょう。そして、あなたが50代や60代だからといって、世界経済の成長が鈍ることはないはずです。

したがって、投資方法に迷っている方には年齢に関係なく安定的な運用を目指せる全世界投資をおすすめしています。

年齢による投資比率の違いはある?

年齢によるリスクの違いを調べると「高齢であるほど債券比率を高める」「若者なら株式の比率を高める」ともよく議論されます。

いわゆる、年齢によって投資対象の比率を変えた方がいいのかということです。

上記のような疑問に対しても、マネーセンスカレッジは明確な答えを持っています。

年齢ではなく使う金額によって投資対象の比率は変わる

投資対象の比率は、運用後に使う金額で変わります。運用したお金をいつ、どれだけ使うかによって、株式や債券のバランスを整えましょう。

たとえば、50代、60代は債券比率を上げるように伝えているメディアがありますね。

債券の比率を増やそうと思えば、70%や80%とどこまでも上げられます。

すでに老後資金を確保できている方は、債券比率を高めても問題はありません。リターンを追い求めなくもすでにお金があるため、老後の生活費に不安は感じないでしょう。

しかし、老後資金を確保できていない方が債券比率を上げていいのでしょうか。

年齢が高いから債券比率を上げていては、老後資金を貯めることができないですよね。老後資金を確保するためには、リスクを抑えつつある程度リターンも追い求めなければなりません。

したがって、株式と債券をどのようなバランスで組み入れるのかは、個人の家計資産状況によって変わるということです。

何年後にいくら必要なのかといったファイナンシャルプランを立てて、投資対象の比率を考えましょう。

株式一辺倒の投資比率は危険

最近は「債券はリターンが少ないから、株式100%でいい!」という考えで投資をされる方が増えています。米国株式だけに投資したり、全世界株式だけに投資したりする方法です。

このような、株式一辺倒の投資比率は非常に危険。下落の影響を受けやすくなり、あなたの資産の下げ幅が大きくなってしまいます。

株式の価格変動は、あなたが想像しているよりも大きいです。たとえるなら、ジェットコースターのように上下動をする値動きになります。

年齢が若い場合は運用期間を確保できるため、価格が下がったとしてもドルコスト平均法で長期的に買い足しができます。

しかし、毎月積み立てられる金額が少ない場合、買い足しのパワーは足りません。その結果、価額が元に戻るまでに時間がかかってしまいます。

債券を一定割合含めたアセットアロケーション投資なら、株式100%で運用するよりも資産が元に戻るまでの時間は短いです。

債券と株式を一定量用意し、株式価格が下がった場合は債券を売却して資金を調達。そのお金で株式を買い増しして、アセット全体のバランスを整えます。

このようにリバランスを行うことで、株式100%で運用するよりも早く資産をもとに戻すことが可能です。

リバランス 下落時のアセットバランスの整え方

リーマンショックが起きた際、積立投資をしていても回復までに3年かかりました。

しかし、リバランスをしたり、ドルコスト平均法をしたりすることで1年弱で回復したのです。

付け加えると、価格がまだまだ回復していない状態で資産は元に戻りました。

そのため、近年の株式100%に投資をする考え方はまったくおすすめできません。リターンを意識しすぎて、リスクについて何も考えていないためです。

若いから株式100%にする考え方ではなく、目標に対して安定的に運用できるように債券を含めた比率を考えることが大切です。

株式だけの投資方法が危険な理由に興味がある方は「S&P500全力投資が無謀な理由」の記事をご参照ください。S&P500全力投資の危険性について解説しています。

年齢関係なく少額からでも投資を始めてみよう

投資を始める際に、自分の年齢を気にする必要はありません。あなたが何歳であろうと、リスクのある投資方法を選ぶかは好みの問題です。

ただ、投資方法に迷われている方には、年齢関係なく「全世界投資」をおすすめします。安全に安定的な運用を目指す場合、全世界投資以外の投資方法は考えられません。

現在、投資信託は100円から購入できる時代。少額からでも投資を始めると、将来大きな資産を築けます。

自分の年齢に関係なく、まずは少ない金額からでも投資を始めてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ
無料講座:チーム7%プレ講座
無料講座:チーム7%プレ講座

会員制プログラム「チーム7%」の無料プレ講座になります。

  • 投資をはじめたいけど何からしたらいいか分からない
  • なるべく安定・安心・安全に運用していきたい
  • チーム7%が気になっているけれども一歩踏み出せない

もしこう思っているなら、この無料講座はまさにあなたのためのものです。

このプレ講座では

  • はじめて投資をする人がとるべき3つの投資戦略
  • 投資を成功させるために必要な2つのシステム
  • 元本割れが怖い?投資におけるリスクとリターンの正しい考え方

などをお話ししています。

投資をはじめるなら、このプレ講座で紹介している「3つの戦略」と「2つのシステム」は必ず手に入れておいてください。

ファイナンシャルプラン、資産運用講座ならマネーセンスカレッジ
タイトルとURLをコピーしました