1年超と3年超を分ける理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は「マネーアクション!」をお届けします。お金のことを基礎の基礎から学んでいくチャンネルです。
毎週出される課題を一つ一つクリアしていくことでマネーセンスを磨いていきましょう!

皆さん先週のマネーアクション!
「生活防衛資金の必要額を計算しすぐに引き出せる状態か確認する」は出来ていますか?

今回はストックの中でも1年超と3年超のものについて詳しくお話していきます。
なぜ1年超と3年超という期間で分けているのか。例えば1年超といえば車を持っている人であれば車検があります。また賃貸更新料や火災保険、その他家電でいえばスマートフォンの買換えなど大体2年以内にかかる費用のことを言います。
そして3年超といえば、独身の人であれば結婚資金。結婚している人であれば家のローンの頭金や子どもの教育資金であったり、あとは老後資金のことを言います。

人生でかかる費用はいくらで計算しておけば良いのか、期間が違うお金をどのような形で用意しておけば良いのかなど詳しく解説していきます。

今週も課題が出ますのでじっくり取り組んでいきましょう。

今回の動画では、1年超と3年超を分ける理由についてお話ししています。

今回の動画ではその他にも…

  • 1:26 1年超と3年超を分ける理由とは?
  • 2:13 3年超を設けている理由
  • 7:44 積立が必要な支出項目について
  • 10:56 まとめ

このような内容でお送りします。

よろしければ、YouTubeチャンネルの登録をお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらのインスタグラム投稿もぜひご覧ください!!(よろしければフォローもお願いします!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料講座:確定拠出年金のメリット・デメリット

確定拠出年金について

「どんな制度なの?」
「なにがいいの?」
「どうやって使えばいいの?」

と思っていませんか?

この無料講座では

  • やらないと絶対に損をする確定拠出年金のカラクリ
  • 確定拠出年金の3つの優遇制度
  • 金融機関とファンドの選び方

など、確定拠出年金の制度の仕組みとメリット・デメリット、そして活用方法まで全7回の動画で詳細に解説しています。


無料講座を受講する