PayPal アカウント(個人)の作成方法

登録するお名前の英語表記、日本語表記の別について

PayPalアカウント作成時には本人確認書類は不要ですが、登録後のメールアドレス変更などには本人確認書類の提出(オンライン可)が必要です。
ご用意できる本人確認書類の種類によってどちらの表記が望ましいかが変わります。
なお、Money Sense College会員サイトの氏名はPayPalの表記と同一になります。

日本語表記で登録する場合(おすすめ)
  • 日本語表記の本人確認書類(運転免許証、住民基本台帳カード等)が用意できる方
    かつ
  • 日本国内のみでPayPal決済(ショッピング等)でご利用の方
    (海外でも使いたい場合は、下記の日本語表記→英語表記に変更を参照)
英語表記で登録する場合
  • パスポート+公共料金の領収書(クレジットカード支払い明細は不可)が用意できる方
    かつ
  • 海外でもPayPal決済(ショッピング等)をご利用の方
日本語表記→英語表記(英語表記→日本語表記)に変更する方法

ペイパルのカスタマーサービスに電話連絡すれば、日本語表記→英語表記(英語表記→日本語表記)にすぐに変更できます。

PayPal お問い合わせ

日本語表記の本人確認書類しかないが英語表記の登録をしたいときは、まず日本語表記でアカウント作成されてから本人確認後、英語表記に変更されるとよいでしょう。

アカウント作成手順

1.以下のURLからPayPalにアクセスします。

https://www.paypal.com/jp/home

2.PayPalのトップページの右上の「新規登録」をクリックします。

3.「パーソナルアカウント」にチェックを入れ、「続行」をクリックします。

4.「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「次へ」をクリックします。

5.名前、生年月日、郵便番号、住所、電話番号を入力します。

6.「ユーザー規約およびプライバシーポリシーに同意します」にチェックをいれて、「同意してアカウント開設」をクリックします。

7.PayPalアカウントに「クレジットカード」又は「デビットカード」の登録画面が表示されますが「後で実行する」をクリックします。※ここで登録はしないでください。

8.登録が終わったら、「アカウントに進む」をクリックします。

9.登録メールアドレスの本人確認

  • アカウント開設後、登録したメールアドレスにペイパルからメールが届きます。
  • ペイパルから送信されたメールに記載されている、「はい、これは私のメールアドレスです。」をクリックします。

10.パスワードを入力し、「メールアドレスを確認」をクリックします。

11.PayPalのホームに戻りカード情報を登録します。

  • 「ウォレット」をクリックします。

12.「カードの登録」をクリックします。

13.下記項目を入力します。

  • クレジットカード番号には – (ハイフン)は不要です。
  • 15桁または16桁数字を半角でそのまま打ちます。
  • 既にほかのPayPalアカウントで登録済みのカードは使えません。
  • 入力後「保存」をクリックします。

  • 登録不可の場合

13.正しくカード情報が入力されると、登録済みカードが表示されます。

以上で完了です。