変動費が多いとき、少ないときの対処法

今日はインスタグラム「お金の勉強」をお届けします。家計・保険・住宅ローン・子供・老後の「おかね」。お金が貯まらない?お金を増やすってどういう事?マネーセンスでお金のお悩み解決しちゃおう!というスライドコンテンツです。

家計管理に悩んでいる方にぜひ参考にして頂きたいシリーズ「マネーアクション!」
毎回出される課題をクリアしていくことで、お金の基礎の基礎を学ぶことが出来るようになっています。

今回は「節約」というと真っ先に見直そうとする変動費について解説していきます。
変動費にはたくさんの項目がありますが、食費と自動車関連費が多くを占めています。
変動費を見直すことで浮いた分をその他に回すことも可能になります。食費と自動車関連費が多い場合の見直し方法や少ない場合の対処法について解説していきます。

  • 変動費が多い時、まず見直す項目
  • 外食費の見直しのコツ!
  • 食費の見直しの意外なコツ?!
  • 自動車関連費は意外と高額
  • 自家用車が必須というのは固定概念かも?
  • 変動費が少ない時の対処法
  • 今週の課題!&まとめ

についてスライド画像にまとめています。

よろしければ、インスタグラムのフォローをお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

無料講座:なぜ一部の人たちは、どんな相場環境でも資産を増やし続けられるのか?

あなたは不思議に思ったことはありませんか?

一部の人たちが、どんな相場環境でも資産を増やし続けられるのはどうしてなのか。

  • 彼らは天才で特別な能力を持っているから?
  • たくさんの資金を持っているから?
  • 秘密の投資方法を知っているから?

実は、そのどれも違います。例えば彼らはこの質問に明確な答えを返すことができるでしょう。

「いま買いですか?」

アベノミクスのみならず上昇相場があるたびによく聞かれる質問です。この質問には「何を買ったら儲かりますか?」「これから相場は上がっていきますか?」という意味も含まれています。

この質問に答えられるかどうか、これが投資で成功できるかどうかの分かれ目です。

この無料講座では

  • 「いま買いですか?」に対する8つの答え
  • 「いま買いですか?」に足りない2つの視点
  • 長期的にお金を増やし続ける方法

など全10回の動画でお届けします。

この8つの答えを知って投資成功者への一歩を踏み出してください。

おすすめの記事