教育費がいくらかかるか試算してみよう

今日は「マネーアクション!」をお届けします。お金のことを基礎の基礎から学んでいくチャンネルです。
毎週出される課題を一つ一つクリアしていくことでマネーセンスを磨いていきましょう!

皆さん先週のマネーアクション!
「家計の予算を出して計算し、期間を決めて書き出す。書き出したらそれをQGSと見比べてみる」は出来ていますか?

今回は教育費についてお話します

前回は資産形成についてお話しました。歯科矯正代や教育費など子どもにかかる費用は沢山あります。
歯科矯正代などは大体の費用がわかるものですが、教育費に関しては1番大事なのに本当に必要な金額がわかりにくいものです。
それを見て見ぬ振りをしていると大変なことになってしまいます。
子ども1人育てるのに必要な教育費を統計データをもとに幼稚園から大学まで詳しく解説していきます。

今週も課題が出ますのでじっくり取り組んでいきましょう。

今回の動画では、教育費がいくらかかるか試算してみようについてお話ししています。

今回の動画ではその他にも…

■目次

  • 1:55 ファイナンシャルプランとは?
  • 3:38 教育費統計データとは?
  • 7:42 幼稚園から高校までかかる費用とは?
  • 14:54 大学でかかる費用とは?
  • 25:01 まとめ

このような内容でお送りします。

よろしければ、YouTubeチャンネルの登録をお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらのインスタグラム投稿もぜひご覧ください!!(よろしければフォローもお願いします!)

無料講座:なぜ一部の人たちは、どんな相場環境でも資産を増やし続けられるのか?

あなたは不思議に思ったことはありませんか?

一部の人たちが、どんな相場環境でも資産を増やし続けられるのはどうしてなのか。

  • 彼らは天才で特別な能力を持っているから?
  • たくさんの資金を持っているから?
  • 秘密の投資方法を知っているから?

実は、そのどれも違います。例えば彼らはこの質問に明確な答えを返すことができるでしょう。

「いま買いですか?」

アベノミクスのみならず上昇相場があるたびによく聞かれる質問です。この質問には「何を買ったら儲かりますか?」「これから相場は上がっていきますか?」という意味も含まれています。

この質問に答えられるかどうか、これが投資で成功できるかどうかの分かれ目です。

この無料講座では

  • 「いま買いですか?」に対する8つの答え
  • 「いま買いですか?」に足りない2つの視点
  • 長期的にお金を増やし続ける方法

など全10回の動画でお届けします。

この8つの答えを知って投資成功者への一歩を踏み出してください。

おすすめの記事