あなたは対象になる?幼児・高等教育の無償化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は「きになるマネーセンス」をお届けします。日々のちょっときになるニュースや話題、疑問について投資家目線でお話していく動画です。

2018年12月に幼児教育・高等教育の無償化について発表がありました。小さいお子さんをお持ちのご家庭やこれから大学などに進学予定のお子さんをお持ちのご家庭にとってはとてもうれしい制度です。3~5歳の幼児教育に関しては全てのご家庭が対象になりますが、実は所得制限やお子さんの年齢などの条件があるため全てのご家庭が対象になるわけではありません。特に高等教育(大学・短大・高等専門学校等)については「もう学費を貯めなくていい」というわけではありませんので注意が必要です。対象になる条件など詳しく解説します。(まだ法案が通っていないので現時点で発表されている条件等を参照しています。)

今回の動画では、幼児・高等教育の無償化の対象になる家庭についてお話ししています。
今回の動画ではその他にも…

  • 1:04 無償化の範囲は3つの区分があります
  • 2:25 3歳~5歳
  • 4:06 0歳~2歳
  • 5:20 高等教育
  • 8:19 教育無償化のねらい
  • 9:43 まとめ

このような内容でお送りします。

よろしければ、YouTubeチャンネルの登録をお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料講座:持ち家と賃貸、どっちがお得?

「賃貸と持ち家ってどっちが得なんだろう?」と思っていませんか?一生で一番高い買い物と言われる持ち家ですから、しっかりと考えておきたい内容ですよね。この講座では、2組のご家族(持家さん、賃貸さん)に登場していただき、いろんな角度から持ち家と賃貸について考えていきます。

  • 持ち家は資産はウソ?
  • 2組の家族の35年後
  • 持家と賃貸、それぞれのリスク

など、持ち家と賃貸のどっちがお得なのか、全11回のメールで詳細に解説しています。持ち家を検討している方、すでに購入された方、不動産投資に興味のある方、すべての方に知っておいて欲しい内容になっています。


無料講座を受講する