スライドでロックを解除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

MoneySense代表のシュウAs浅田修司です。

件名はiphoneのロック画面をご参照ください(謎)

前回から始まりました「年金年間」パート2。いったいいつになったら本題に入れるのか・・・

はじめてのトレーダー講座のサポートセッションの受講者に「これ・・・終わるんですかねぇ・・・」と言われてしまいました。ハイ、私にもわかりません(笑)

もう始めてしまったので、乗りかかった船です。たぶん年内には終わると思います。はぁ。。。動画にすればよかった。

はい、なんだかんだ言っても進まないので今回もはじめていきますよ~。

この年金財政検証のニュースレターは、大きく4つに分けて話を進めていきます。

  1. 過去の年金財政のおさらい
  2. 将来の年金財政はどうなっていくのか
  3. 年金財政検証から見える政府の思惑
  4. 私たち個人投資家はどのような行動をしていったらよいのか

今回もひきつづき、1.過去の年金財政のおさらい「その2」としてお話していきます。

1.過去の年金財政のおさらい(2)

まずは、前回のおさらいから始めていきましょう。

2004年の年金財政検証で、このままでは【年金財政が破綻してしまうことが確認】されたとお話しました。

そこで、政府は大きく4点について改革を行うことを決めました。

  1. 積立方式から賦課方式への転換
  2. マクロ経済スライドの導入
  3. 年金保険料の見直し
  4. 国庫負担分の増額

簡単にいえば

  • 年金は守ろう!!・・・1
  • 支出を減らそう!・・・2
  • 収入を増やそう!・・・3~4

です。

前回は、1.積立方式から賦課方式への転換について、年金を家計に見立てて【収入】【支出】【貯蓄】と例を挙げて説明しましたね。

【貯蓄】が完全枯渇するまでに、
【収入】で【支出】をまかなえる賦課方式に完全に移行し、
年金制度を維持しようとしました。

有名無実になっては困るので、「所得代替率が50.2%」になるように政府が目標を定めたところまでお話しました。

今回は、「支出を減らそう!」の2.マクロ経済スライドの導入について説明していきます。

2.マクロ経済スライドの導入

この「マクロ経済スライド」という言葉ですが、一度は聞いたことがある言葉だと思います。

でもそのまえに、年金の「スライド制」は3通りあることをご存知でしょうか?3つも知らない、中身については知らないという方が多いのではないでしょうかね。

なので、やっぱり言葉の説明もしていかなければなりませんね・・・前回もお話したように書く方もたいがい面倒くさいのですが、仕方ありません。。。だから、あなたも面倒くさいでしょうが、お付き合いください。

さて、年金には3通りのスライド制があります。

  1. 賃金スライド
  2. 物価スライド
  3. マクロ経済スライド

です。

  1. 賃金スライド=私たちにとってプラス
  2. 物価スライド=私たちにとってプラスでもマイナスでもない
  3. マクロ経済スライド=私たちにとってマイナス

とざっくり把握しておきましょう。

1.賃金スライド

現役世代の賃金が増えたら、その分だけ年金を増やしてあげますという5年毎に行われる制度です。

当初は、すでに年金を受給している人も過去5年間で現役世代の賃金が上昇したら、賃金スライドによって年金額が増額されていました。大盤振る舞いですね!

ですが、1999年から【既存の年金受給者】の賃金スライドは凍結されています。

いまでは新規年金受給者のみ、年金保険料を払い済みの方が年金を受給するまでの間(60歳から65歳までの間)、賃金が上昇していたら、その分開始時に調整して年金額を上げてもらえます。ですから、いまは覚える必要はありません。

ただでさえ年金の存続が危ういから必死になって減らそうとしているのに年金額を増やすなんてありえないということです。凍結が解除されることは相当遠い未来の話だと思います。もしかすると永遠に来ないかもしれません。

少なくとも前回のキーワードの「所得代替率50.2%」が達成されるまで復活することはありません。

【まとめ】

私たちにとってプラスの賃金スライドは新規の年金受給者は1回限り適用されて、既存の年金受給者はすでに凍結済み。今後、賃金スライド凍結の解除は望み薄。

2.物価スライド
  • 物価が上昇したらそれだけ年金額も増やします、
  • 物価が下落したらそれだけ年金額も減らします、

という制度です。

例え話のほうがわかりやすいでしょう。

いま年間100万円の年金をもらっている方が、大好きなチーズを100g 100円で買っているとします。毎晩のお酒のツマミで楽しんでいます。

翌年、物価が2倍になりました。

大好きなチーズは100g 200円になっています。もし年金額が変わず100万円だったら、毎日食べていたチーズを2日に1回にしなければなりません。

でも、年金には物価スライドがあります。

物価が上がった分、年金額も上がりますので年間100万円だったものが年間200万円もらえることになります。なので大好きなチーズを毎日食べ続けることができるのです。

一方、物価が下がって半分になった場合はどうでしょうか。

大好きなチーズは100g 50円になっています。もし年金額が変わらなければ、2倍多く買えることになりますが、物価スライドによって年金額も半分の年間50万円に減ります。

年金額は減ってしまいますが、チーズの買える量はやっぱり変わりませんので、やはり毎日同じ量だけ食べ続けることができます。

つまり、年金としてもらっている金額は変わるけれども、実際に買えるものの数や質は変わらないように調整しますというものになります。

「私たちにとってプラスでもマイナスでもない」という理由がわかっていただけましたでしょうか。

この物価スライドは毎年更新されて、その都度年金額に反映されます。

ですが!

これが正常に動いていれば、まだ年金財政もマシな状態だったのですが、当時の自公政権は高齢者の反発を恐れて2000年から2002年までの物価下落の際、【減額を行わない】こととしました。

上の説明の通り、減額をしても生活の質は下がらないのに、名目(額面)の年金額が下がるとなんか年金が減らされた感じになりますよね。

これを経済用語では「貨幣錯覚」(マネーイリュージョン)と呼びますが、あなたにも思い当たる節はあると思います。

そんなイリュージョンに踊らされた高齢者の怒りを恐れて(高齢者の票がもらえず選挙に負けることを恐れて)年金額を下げても影響がないのに下げられなかったのです。

本来減額されるはずだった割合でいうと2002年時点で1.7%になります。それから、一時2.9%まで開きましたが2012年には2.5%になりました。この間ずっと「年金の払い過ぎ」が起こっていたことになります。

たかが数%・・・と、ピンと来ない人もいるかと思います。なので金額にしてみましょう。それでもピンと来ないかどうかあなた自身で試してください。

統計資料がないので2012年までのデータになりますが、払い過ぎが起こっていた2000年から2012年までの間で、その払い過ぎの総額は、10.3兆円にも上ります。この金額は、現役世代の人が全額負担することになります。一人あたり約13万円です。

この12年間で、現役世代の人たち(あなたのことです)は、本来払う必要がないのに、13万円も多く国から徴収されて、為政者の選挙対策のために、年金受給者にばらまかれた、ということです。

選挙に行かないからこうなるんです。選挙に行っている高齢者が怖くて下げることができないのなら若い人が選挙に行く、そのことだけで圧力になるんですよ。

そうはいっても、さすがにこのままではいけないということで、2013年10月から2.5%を段階的に下げていくことにしました。

2013年10月 -1.0%
2014年 4月 -1.0%
2015年 4月 -0.5%

というスケジュールでまだ現在進行形です。

2013年が4月じゃなく10月なのは夏の参議院選挙終了後にしたかったからです。姑息ですね・・・いまは-2.0%まで進み、来年4月に0.5%が減額されて物価スライドが正常な状態になります。

念のため確認をしておきますが、正常に戻るといっても、払い過ぎ状態がまともになるだけです。チーズの例え話のように、プラスもマイナスもない状態になるだけです。

年金財政が破綻するのを防ぐ効果はまったくありません。むしろ、いままで払い過ぎていた分は永遠に戻ってこないので年金財政には負担が増えたことしか残っていないのです。

【まとめ】

私たちにとってプラスでもマイナスでもない物価スライドは、過去15年に渡ってマイナス部分を凍結させていたので2.5%もの「年金の払いすぎ」状態になっていましたが、来年4月に正常通りに戻せる見込み。

現在まで、この2つのスライド制によって年金財政は運営されていました。でも、それだけでは年金が破綻してしまうことが2004年にわかってしまいました。

なので、「所得代替率50.2%」になるまで、年金額を下げ続ける仕組みが新たに必要になったのです。

そこで登場するのが「マクロ経済スライド」です。

と進みたいのですが、長くなりましたので、今回はここまで。

本題の「マクロ経済スライド」にいけなかった・・・すいません。

次回は、年金財政のなかでも一番わかりにくいとされるスライド制、「マクロ経済スライド」についてお話します。

でも、コレを知ることで、年金財政をどうしていきたいのか、政府の思惑がわかってきます。さらに、年金問題がいかに根深いかがわかっていただけると思います。

質問や感想などありましたらお気軽にこのメールに返信してください。
ひとことでも頂ければ励みになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料講座:確定拠出年金のメリット・デメリット

確定拠出年金について

「どんな制度なの?」
「なにがいいの?」
「どうやって使えばいいの?」

と思っていませんか?

この無料講座では

  • やらないと絶対に損をする確定拠出年金のカラクリ
  • 確定拠出年金の3つの優遇制度
  • 金融機関とファンドの選び方

など、確定拠出年金の制度の仕組みとメリット・デメリット、そして活用方法まで全7回の動画で詳細に解説しています。


無料講座を受講する