儲からない投資家になる7つの方法:3.新しい情報に飛びつき続ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おはようございます。
MoneySenseCollege代表のシュウAs浅田修司です。

実は前回からメール配信システムを変えてこのニュースレターを送っております。

メール配信システムをアップデートしたつもりが上手くいかず、上手くいかないだけならまだしも、メールを送れないという状況になってしまったためです。予備のシステムって大切、と痛感した今日この頃です。

さて。今回も参りましょう。「儲からない投資家になる7つの方法」その3です。

儲からない投資家になる7つの方法:もくじ

儲からない投資家になる7つの方法:1.Don’t think.FEEL!
儲からない投資家になる7つの方法:2.最大レバレッジで攻め続けろ

儲からない投資家になる7つの方法:3.新しい情報に飛びつき続ける

  • どんな時でも儲かる魔法の投資法
  • ごく一部の儲かっている投資家だけが知っている相場の秘密
  • 誰でも1年で10万円を1000万円に増やせる方法

もしあなたがこのような新しくて凄そうな情報に飛びついているなら、おめでとう!あなたは必ず儲からない投資家になれます。

こういう情報はネットを探せばすぐに見つかりますよね。

そして運よく儲かる可能性もゼロではありません。表現が過激なだけで、その中身は本質をおさえているものもありますから。でも、上辺だけの理解では使いこなすことはできませんし、儲け続けることは難しいでしょう。

例えば、トレードで有名な手法にMACDストキャスというものがあります。トレードをしている人でこれを知らない人はもぐりと言われてもおかしくない。それほどに有名な手法です。

この手法は使いどころが分っていれば強力な武器になります。でも、多くの人はこの手法を使いこなせず利益をだすことができません。そしてこの手法は使えない、というレッテルを貼り次なる手法を求めます。

なぜ多くの人はこの手法で利益をだすことができないのか?

それは、「なぜこの手法が作られたのか?」その理由を知らないからです。表面上のシグナルだけを使おうとするから使いこなせないのです。

この世にはいつでも、どこでも、だれでも使えるという万能の手法はありません。どんな手法にもそれが使える場面と使えない場面があります。それを知らずに表面上のシグナルをただ使うだけでは利益をだせないのは当たり前です。

でも、もしその手法が作られた理由を知っていれば、それが機能する場面、使いどころが分かります。使いどころが分かれば利益を上げていくことも可能でしょう。

ちなみにこういった手法の「なぜ」を追求していくと、相場の原理原則や人間心理、古典といったものに必ずと言っていいほど行き着きます。MACDストキャスでいえば、古典であるダウ理論に行き着くのです。

ダウ理論とはダウ平均株価で有名なチャールズ・ダウが今から100年以上も前に提唱した理論です。100年以上も前ですからまさに古典という名前がふさわしいでしょう。

実はMACDストキャスはこのダウ理論で説明ができてしまいます。

こういった古典や原理原則、人間心理の恐ろしいところは、普遍性があるということです。この普遍性という単語はそれなりに耳にする単語ですが、実際のところ「普遍性がある」とはどういう意味なのか?それは、時代を超えて、場所を超えて使えるということです。

時代を超えて使えるということはつまり、未来にも使える可能性が高いということです。ここが恐ろしいところですね。今だけでなく未来にまで使える可能性が高いだなんて。

投資は未来に対してするものですから、未来を予測する確率を高めると儲かってしまいます。だからこそ儲からない投資家になるためには、古典や原理原則、人間心理というものを学んではいけません。

とにかく新しい情報に飛びついて、深掘りせず、また新しい情報に飛びつき続けるべし。

では、今日はこの辺りで。

質問や感想などありましたらお気軽にこのメールに返信してください。
ひとことでも頂ければ励みになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「追伸」

古典や原理原則を学んで、株でもFXでも先物でもどんな相場にも使えるトレード技術を身に付けたいならこちら。

http://college.money-sense.net/index.php?go=iX314A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料講座:投資と投機(トレード)の違いを知る8つの答え

「いま買いですか?」

アベノミクスのみならず上昇相場があるとよく聞かれる質問です。この質問には「何を買ったら儲かりますか?」「これから相場は上がっていきますか?」という意味も含まれています。

ただ残念なことに、これらの質問をしている限りは投資で儲けることはできません。

この無料講座では

  • 長期的にお金を増やし続ける方法
  • 「今買いですか?」に足りない2つの視点
  • 質問者本人も気づいていない自分が本当に求めている投資とは?

など全10回の動画でお届けします。


無料講座を受講する