はじめての確定拠出年金講座のゴール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おはようございます。
MoneySenseCollege代表のシュウAs浅田修司です。

前回「はじめての確定拠出年金」の講座がやっと出来あがりました、とお話ししまして、その講座についていくつか質問をもらいましたのでお答えしていきます。

Q.「はじめての投資生活」と「はじめての確定拠出年金」はどう違うのでしょうか?

それぞれの講座で目指しているゴールが違います。

「はじめての確定拠出年金」は確定拠出年金に特化して”自分の年金を自分で作る”ことをゴールに設定しています。

ですから難しい投資の話はとりあえず置いておいて、確定拠出年金を使ってすぐに運用を始められるように講座を作っています。

かたや「はじめての投資生活」といえば、”投資家になって自分の求めるライフスタイルを手に入れる”ことをゴールに設定しています。

ですから内容は多岐に渡ります。講座の名前の通り、はじめて投資をする場合の戦略や戦術を網羅してお話しています。

より具体的にいえば、「難しい投資の勉強はひとまず脇に置いて、確定拠出年金を使って自分の年金を作りたい。」という人には「はじめての確定拠出年金」がオススメです。

それよりちょっと夢を膨らませて「投資家になって自分の求めるライフスタイルを手に入れたい」という人には「はじめての投資生活」がオススメです。

Q.「はじめての投資生活」を受講しているのですが、「はじめての確定拠出年金」も受講したほうがいいでしょうか?

正直にいえば必要ないかもしれません。

というのは「はじめての投資生活」を受講してしっかりと理解できていれば、ニュースレターでお届けした確定拠出年金の動画を見るだけで、

  • 確定拠出年金の最適な金融機関
  • 確定拠出年金の最適な金融商品
  • 確定拠出年金の最適な運用方法

これらについて自分で考えて答えが出せるからです。

ただし講座の紹介でもお話ししましたが「考える時間のショートカット」「自分で出した答えの答え合わせ」という意味では価値がありますので、そのあたりの費用対効果を含めてご検討くだされば幸いです。

Q.会社で企業型の確定拠出年金に加入しているのですが、この講座の内容は企業型の確定拠出年金にも使えるでしょうか?

問題なく使えます。

会社が企業型の確定拠出年金を導入しているということは金融機関は会社が決めていますので、個人が決めることはできません。必然的に選べる金融商品もその金融機関が扱っているものから選ぶことになります。

その点においては「はじめての確定拠出年金」でお話ししているマネーセンスカレッジ推奨の金融機関の情報を使うことはできませんが

  • 金融商品の選び方
  • アセットの配分比率
  • 運用方法

などに関しては個人型、企業型も変わりませんので、会社で企業型の確定拠出年金に加入されていたとしても講座の内容は問題なく使えます。

Q.私は50代なのですが今から確定拠出年金を始めても遅くないでしょうか?

50代から始められてもまったく遅くはありません。

たしかに始めるのが早ければ早いほど運用効果は高くなりますが、単に貯金していくだけでも確定拠出年金を使ったほうが税制控除の恩恵を受けられますので、すぐに始めたられた方がいいでしょう。

詳しくはニュースレターでお届けした損をする他の代替年金でお話ししていますのでそちらもご覧ください。

Q.今の年金保険を解約して確定拠出年金を始めたほうがいいでしょうか?

解約返戻金が払い込んだ保険料を下回る場合は、そのまま続けていたほうが無難でしょう。

ただし、下回る金額によっては確定拠出年金の税制控除を考えれば早々に解約した方がお得になる場合もありますので、まずは現在の年金保険の状態を調べてからご検討ください。

解約返戻金が払い込んだ保険料を下回らない場合は、解約して確定拠出年金で運用されることをおススメいたします。ですが確定拠出年金には途中解約して現金化できないという特徴がありますので、それも考慮してお考えください。

Q.「はじめての投資生活」の投資を実践しているのですが、確定拠出年金の方にも魅力を感じます。投資生活の方はやめて確定拠出年金にシフトしたほうがいいでしょうか?

「はじめての投資生活」をやめてしまうのはもったいないので、やめずに継続することをおススメいたします。

ただし、「はじめての投資生活」に回している毎月のお金を減らして確定拠出年金にシフトさせるのであれば問題はありません。

「はじめての投資生活」に回すお金を最小限にして、余ったお金をすべて確定拠出年金に回す。あるいは「はじめての投資生活」と確定拠出年金どちらも半々でお金を割り振る。などなど配分バランスは人それぞれになると思いますが、いずれにしても同時併用していくのが一番といえます。

Q.私の会社ではマッチング拠出制度がなく、毎月の掛け金を増やしたくても増やせないのですが、どうしたらいいでしょうか?

勤めている会社にマッチング拠出制度がないのであれば、現状は毎月の拠出額を増やすことはできません。

会社に掛け合ってマッチング拠出制度を導入してもらうのが一番ですが、会社の制度を一個人の意見で変えることは中々大変ですし変えられない可能性もあります。

なので最も建設的な行動としては会社には意見を出して制度変更を待ちつつ、それとは別にご自分で投資をされるのが合理的な判断かと思います。

マネーセンスカレッジでいえば「はじめての投資生活」あるいは「はじめてのトレーダー講座」が参考になつと思いますので、興味があればご覧ください。

以上、参考にしていただければ。

ということで「はじめての確定拠出年金」を受講される場合は↓こちらから。
(お申し込み受付は終了しました)

それでは今日はこの辺りで。

他にも質問などがありましたらこのメールに返信してください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料講座:確定拠出年金のメリット・デメリット

確定拠出年金について

「どんな制度なの?」
「なにがいいの?」
「どうやって使えばいいの?」

と思っていませんか?

この無料講座では

  • やらないと絶対に損をする確定拠出年金のカラクリ
  • 確定拠出年金の3つの優遇制度
  • 金融機関とファンドの選び方

など、確定拠出年金の制度の仕組みとメリット・デメリット、そして活用方法まで全7回の動画で詳細に解説しています。


無料講座を受講する